協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 見逃せない名物重賞、アルゼンチン共和国杯大展望!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2021年10月31日(日)更新

見逃せない名物重賞、アルゼンチン共和国杯大展望!



アルゼンチン共和国杯はハンデ重賞。昨年は3連単が20万馬券となり、ハンデ戦のイメージ通り荒れそうな雰囲気だが、実は落ち着いた配当も多く、過去10年で3連単10万超は昨年のみ。4桁配当が一度あるほか、1万円台の4回も、多頭数のレースが多いことを考えると、波乱とは言えないレベルだ。

「アルゼンチン共和国杯の勝ち馬を見ると、過去10年のうち9回は1~3番人気。つまり頭(1着)は上位人気が基本です。
また、過去10年の馬券圏内30頭で、二桁人気の馬はたった1頭のみ。また、3番人気以内の馬が最低でも一頭は必ず馬券圏内に入っており、複数(2頭)が馬券圏内に入ったことは8回もあります」(データ班)

ここまで上位人気が強いハンデ重賞も珍しい。

このポイントを頭に入れて、有力馬を見ていきたいのだが、そこはハンデ戦。上位人気が強いことは分かったが、そもそも上位人気がどの馬になるのか判別の難しいメンバー構成だ。


≫ 続きはログイン内で


lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
contents01 contents02
lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line