協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. さあGⅠ!フェブラリーステークス最新情報公開中!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2022年02月13日(日)更新

さあGⅠ!フェブラリーステークス最新情報公開中!



今年最初のGⅠとなるフェブラリーステークス。

2021年最優秀ダートホースに輝いたテーオーケインズはサウジ遠征のため回避したが、昨年の勝ち馬カフェファラオをはじめ、4年前の勝ち馬インティ、交流GⅠ南部杯勝ち馬アルクトス、JBCスプリント勝ち馬レッドルゼルなど、ダートのマイル王決定戦らしくスピードに秀でたダートGⅠウイナーが顔を揃えた。

これだけGⅠ級の大物が顔を揃えたら、人気薄の台頭は難しい気もするのだが。

「確かに過去10年を振り返ると(以降もデータは過去10年のもの)、1番人気は4勝、2着2回、3着2回で、勝率40%、連対率60%、複勝率80%。しかも現在3連勝中ですから、まずは1番人気を狙うのが的中への近道です。
ただ、シンガリ16番人気が、2度連対(1着コパノリッキー、2着ケイティブレイブ)しているので、穴馬に全く出番が無いとも言えません。
最近2年も、1番人気が勝っているのに、3連単は昨年が10万馬券、一昨年は46万馬券ですからね」(データ班)

そもそも今年の場合、1番人気も読みにくいメンバー構成である。この雰囲気だと今年も波乱になるのではないか? そんなことを頭に置きながら、各担当にお奨めを聞いていきたい。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
宝塚記念01 宝塚記念02 宝塚記念03 宝塚記念04
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
重賞予想を無料でGETする

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line