協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 既成勢力不在で波乱必至の菊花賞!穴候補3頭は必見!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2022年10月16日(日)更新

既成勢力不在で波乱必至の菊花賞!穴候補3頭は必見!



三冠最後の菊花賞。その出走予定メンバーの中には、皐月賞、日本ダービーの勝ち馬はおろか、2着馬の姿もない。

春の二冠で5着以内に入った馬の中から菊花賞に歩を進めてきたのは、皐月賞5着、ダービー3着のアスクビクターモア、ダービー5着のプラダリアのみ。
しかも、アスクビクターモアは、セントライト記念で重賞出走経験の無いガイアフォースに敗れて2着、プラダリアに至っては神戸新聞杯で8着とダービーよりも着順を下げる始末。これはもう、波乱の雰囲気しか感じないのだが。

「菊花賞は最近10年(以降もデータは、主に過去10年が対象)、1番人気が5勝、3着2回で、勝率50%、複勝率70%ですから悪くないですね。
ただ、例年京都で行われている菊花賞ですが、京都競馬場の改装工事のため昨年は阪神で行われ、結果は3連単7万9560円の波乱。1番人気のレッドジェネシスは13着と大敗しています。阪神開催の今年も波乱の可能性はあります」(データ班)

それでは大穴を狙っていいのかな? いや、各馬の情報を聞くまでは、簡単に結論は出せない。
まずは春二冠で上位に来た2頭、アスクビクターモア、プラダリアから聞いていこう。

アスクビクターモアは、ダービーが秀逸。ハイペースにもかかわらず早めに仕掛け、最後はドウデゥース、イクイノックスに捕まったけど結果は3着。先行勢で残ったのは当馬だけだから、かなり内容の濃い一戦です。ダービー、皐月賞で先着された馬が不在だけに、ここは大きなチャンスです」(レース解析班)

このように明るい意見もあれば、否定的な見方もある。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
宝塚記念01 宝塚記念02 宝塚記念03 宝塚記念04
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
重賞予想を無料でGETする

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line