協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 今年は高配当必至!夢馬券へ関屋記念事前情報!

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2023年08月06日(日)更新

今年は高配当必至!夢馬券へ関屋記念事前情報!



関屋記念は、過去10年で3連単10万超は2回のみ。最高でも2017年の13万1710円と、ローカル重賞にしては大人しいレース。やはり人気馬が強いのだろうか?

「過去10年(以降もデータは、過去10年を対象)で、1番人気は3勝、2着2頭、3着3頭、複勝率80%と好成績ですね。ただ、2番人気の複勝率は20%、3番人気の複勝率30%と、それほど高くありません。
成績がいいのは4番人気で、4勝、2、3着1頭ずつで、連対率は1番人気と同じ50%、複勝率も60%あります。また、6番人気も勝ち馬こそいませんが、2着3頭、3着1頭で、連対率30%、複勝率40%です」

信頼度は1番人気がトップも、馬券的に妙味があるのは4、6番人気。このあたりを念頭に、推奨馬を挙げてもらおう。

ディヴィーナだね。
前走の中京記念は、勝負処でセルバーグの逃げ切りが早々に確定してしまうような展開。そんなレースで、差して2着のディヴィーナも内容は良かった。
特に評価したいのは、2走前のヴィクトリマイル。ソングライン、ソダシ、スターズオンアースとGⅠを2勝以上している実力馬に続いての4着は非常に価値がある。
もともと左回りに特化した馬で、GⅠマイルを2勝したヴィルシーナの仔らしく1600mも合っている。関屋記念が終わると、次のマイル重賞はGⅡで古馬相手の富士ステークス。メンバー的に厳しいから、重賞を狙うなら関屋記念がベスト。中京記念を勝ち損なったから、陣営も今度こそと、しっかり勝ちに来ると思うよ」(情報担当記者)

ただ、データ班は、ディヴィーナだけでなく、中京記念を勝ったセルバーグも含めて評価は低い。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line