協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 底知れないクリノスターオーのポテンシャル

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2014年11月08日(土)更新

底知れないクリノスターオーのポテンシャル

 今週はGⅠこそないものの重賞が4つ組まれており、それぞれ楽しみなメンバーだ。中でも注目度が高いのが日曜の京都で行われる、みやこS。今年が第1回になるGⅠチャンピオンズC(前身はジャパンCダート)の前哨戦らしく、ダートの有力馬がズラリと揃った。

 実績ではニホンピロアワーズだろう。2年前のジャパンCダートを楽勝し、その後もダートのトップクラスとして活躍。本来ならJBCに出走してもいいほどの馬だが、10戦4勝で着外なしと好相性の京都へ矛先を向けてきた。「大井(帝王賞4着)の砂が合わない」と陣営も話しており、馬場適性を考えての出走は間違いあるまい。

 ならばニホンピロアワーズで堅そうなのだが、58キロの斤量と、GⅠ勝ちが2年前とピークが過ぎている可能性もあることを考えると、怖い人気馬でもある。

 そこで、もう一方の人気馬クリノスターオーである。オープンに上がって頭打ちの時期もあったが、最近3走は重賞で1、2、1着と安定。ただ前走も勝ったとはいえ2着とは少差であり、抜けた存在とは見えないのだが、この馬をよく知る記者は、この見方を否定する。

「前走を見ると苦しんで勝ったようにも見えるが、馬のほうはレース後すぐに息が入り、帰ってきてもケロッとしていたという。担当している厩務員さんも、『危ないように見えて、実は遊んでいる。いったい、どこまで強いのか』と、ポテンシャルの高さに驚いていた。まだまだ能力を隠し持っている」

 と、まだまだ伸びる可能性を示唆する。番手で抑える競馬もできるので、他が先に行っても大丈夫。先行有利の京都ダート1800mということから、ここもチャンスだ。

 他で評判が良かったのは、インカンテーション。ランウェイワルツなど。逆に実績馬で微妙な情報が入ったのはナムラビクター、ブライトライン、ソロルだ。まとめて関西の記者に話してもらった。

「ナムラビクターはアンタレスSを快勝し、前走も2着と能力は高い。ただ調教で最後に止まり気味になったりするように、以前の素直さが感じられない。一歩間違うと、平安Sのようなポカもある。

 昨年の覇者ブライトラインは、前走が10着と大敗。ドバイ遠征の疲れが残っていたのかもって話もあるが、4か月も間隔を開けたのだから、それはどうなんだろう。1番枠を引いたのは良かったけど。

 ソロルは、馬場がしぶったほうがいいので、日曜日の雨予報はプラス。ただ最近は気が悪くなってきて乗り方も難しくなり、フワフワして走っている。それを解消するためにチークピーシズをつけるのだが、これがどう出るか」

 3頭ともに勝っても不思議ない能力の持ち主だが、不安材料もあることは忘れてはなるまい。

 ここは人気でもクリノスターオーから入るのが、馬券的には一番堅実のようだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line