協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 矢作厩舎注目の2歳馬2頭

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2014年12月17日(水)更新

矢作厩舎注目の2歳馬2頭

2歳馬のデビューが早くなっている昨今、12月にもなると有力馬の数が減り、新馬戦も手薄なメンバーとなってきている。

「少し前までは、12月の阪神中距離の新馬戦は注目の馬がたくさんいたんだけどね。ディープインパクト、アグネスタキオン、ファインモーションのGⅠ級から、ルーラーシップ、アドマイヤジャパン、ブラックタイドら重賞ウイナーまで。中距離以外からも、ジェンティルドンナ、シーザリオもこの時期にデビューしているからね」(POG本記者)

これらのレベルの馬が出現するケースは少なくなってきた12月開催だが、矢作厩舎から期待の高い2歳馬がデビューするという。

「注目は来週出走するリアルスティールだね。ラングレーの全弟だが、管理する矢作厩舎の期待はその兄以上と話している。ラングレーと言えば1000万クラスで燻っているが、昨年の今頃はクラシック候補にも挙げられていた馬。厩舎関係者の間ではダービー馬のディープブリランテと比較している人もいるようだから、それだけ期待は高いのだろう。

今週の調教はCWで早い時計を出したが、まだまだ足りないとデビュー予定を今週から来週に延ばした。万全の状態で出したいということだろう。新馬戦だけでなく、将来も楽しみな馬だ」(関西専門紙記者)

矢作厩舎は現在リーディング争いをしており、今は是が非でも勝ちたい時期。そのために、他にも期待の2歳馬を出してくる。

「注目はイッテツだね。デビュー前から矢作厩舎でも評判が高かった馬。夏の新馬戦は1800m戦に出走し、いい感じで逃げたもののバテて3着で、どう見ても距離が長かった。

そこで休養明けの前走は1400mに距離短縮をしてきたが、楽々逃げ切ってしまった。そのスピードはオープンで通用するもので、500万でモタモタする器ではない。恐らく今週の1200戦に出てくると思うが、勝ち負けは必至だろう」(関西記者)

リアルスティール、イッテツ。矢作厩舎期待のこの2頭は、今週はもちろん先々まで期待を賭けたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line