協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 2歳GⅠ苦戦の社台グループ。来年のクラシックはどうなる

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2014年12月24日(水)更新

2歳GⅠ苦戦の社台グループ。来年のクラシックはどうなる

今年から阪神開催に変わった朝日杯FS。直線の短い中山から直線の長い阪神外回りコースに変わったこともあり、クラシックに直結するようになるとの見方も強く、例年以上に注目度が増した。結果はディープインパクト産駒のダノンプラチナが勝利。中山時代の朝日杯はディープ産駒が勝ったことは無く、そもそもサンデーサイレンス系の馬が勝つことも他のレースに比べると少なく、阪神に変わった影響は大きかったようだ。

「柔らかいフットワークで、長くいい脚を使えるのも魅力。気性的に距離が延びて不安もあるが、母系にはナリタトップロード、マツリダゴッホらGⅠで活躍した馬もおり、クラシックは当然期待していい」(専門紙記者)  とダノンプラチナへの期待は関係者間でも高い。

2着にはアルマワイオリが入り、波乱を呼んだ。

「前走のデイリー杯は折り合いを欠いて競馬にならず、能力負けでは無い。その割に人気が落ちていて、馬券的にはおいしい馬だった。祖母は9番人気でGⅠの阪神3歳牝馬S(現阪神JF)の勝ち馬スエヒロジョウオー。大レースで波乱を起こす血が騒いだのかも」

大健闘は5着のアクティブミノルだ。

「タフな馬場のうえにペースも緩みなく、先行馬にはきつかったはず。そんな展開で逃げたアクティブミノルの5着は褒めていい内容だ。昨年までの中山だったら、もっと上位に来れたかも。3歳戦線は短距離の番組が整ってないのでレース選択が難しいけど、先行有利の馬場ならマイルのシンザン記念、アーリントンCでもやれる」

人気勢では、ブライトエンブレム、アッシュゴールドが着外に終わった。

「ブライトエンブレムは栗東滞在の効果か気配も良く、馬場もしぶって有利に思えたのだが。仕掛けが早すぎた面もあるが、札幌2歳S自体のレベルが高くなく、あの一戦だけではGⅠでは厳しいということ。同じ父で札幌2歳Sを勝ったオールアズワンもクラシックは苦戦したけど、この馬もそんな感じかな。

アッシュゴールドは、この血統の悪い面が出た。返し馬でもテンションが高く、レース前に消耗してしまった。重馬場に強い一族だが、馬ができてないからタフな馬場を走り抜ける体力もついていない。まだまだ、これからだろう」(雑誌記者)

ちなみにダノンプラチナは千代田牧場生産。先週の阪神JF勝ち馬のショウアンアデラは下河辺牧場と、どちらも名門牧場出身。ディープインパクト産駒というと社台のイメージが強いのだが。

「全体的に見れば、社台の馬の活躍度は高い。ただ、ここ数年を見ると、ダービーは2年連続でノースヒルズ(ワンアンドオンリー、キズナ)が勝っており、社台はここ一番で落としている。

阪神JFは桜花賞、オークスに直結するレースだし、朝日杯FSも阪神に変わって重要度が高まった。その主要レースを社台の馬が勝てなかったのは痛い。しかも勝てなかっただけでなく、上位に入ったのも朝日杯4着のネオルミエールだけだからね」

有馬記念当日に行われるホープフルSは、社台の期待馬が大量に出走してる。もしここを落とすようだと、来年のクラシックは非常事態になる。このあたりにも注目しておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

  

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line