協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. シンザン記念も先行馬が優勢

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年01月10日(土)更新

シンザン記念も先行馬が優勢

賞金を持っている有力馬は、寒い1月は休養というのがパターン。シンザン記念は、そんな傾向もあってハイレベルなメンバーになることは少ない。今年も抜けた馬がおらず混戦模様を深めている。

実績からは、オープン特別を勝ち、GⅡのデイリー杯2歳S3着があるナヴィオンがリード。前走の朝日杯FSは大敗したが、重い馬場が合わなかったという話もあり、良馬場の今週なら巻き返しも可能なは ず。しかし栗東の関係者からは不安説が聞こえてきた。

「栗東の坂路の馬場が重かったこともあり、調教をつけた助手さんが控えようなんだ。そのせいもあって併せ馬も遅れ、上がりもかかった。その内容に橋口さんが珍しくしかめっ面をしていた。助手さんは『 動きは悪くない』と言っていたが、果たして万全の仕上がりと言えるのか。前が有利な今の京都の馬場も不利だしね」(関西専門紙記者)

仕上がりにも疑問があるが、今の京都を考えると、それ以上に不利がなのがナヴィオンの脚質。先行馬が有利なうえに、差してきた馬も内から伸びてきている馬が目立った。ナヴィオンは外枠を引いた上に、 あまり無理な騎乗をしない福永騎手を考慮すると、不利な面は否めない。

これに対し、評価が高いのは先行勢。特にダッシングブレイズを挙げる声は多い。

「新馬戦は、10秒7-11秒0という高速ラップを楽々と差し切り勝ち。そのレースぶりから朝日杯に出ても好勝負きると思ったほど。賞金が足りないこともあって自己条件に回ったから、ここは楽勝と見 ていた。それが出負けしたこともあって消極的なレースになり、直線も狭いところにはいってスムーズな競馬ができず、結果はハナ差負け。普通なら間違いなく勝っていた。鞍上がデムーロに変わって、恐ら く前目につけるだろう。そうなれば、この相手なら行ける」(競馬専門誌記者)

ダッシングブレイズほどではないが、以下の2頭も評判は上々だ。

「グァンチャーレは前走出負けしたうえに、直線で前が壁になって勝負どころで追えなかった。それでも勝ち馬からコンマ3秒差だから惜しかった。鞍上の武豊騎手もよほど悔しかったのか、再度の騎乗で意 欲を見せている。恐らく今回は先に行くから、前走のようなことは無いはず」(関西専門紙記者)

「相変わらず人気は無いようだがレンイングランドの逃げは気を付けたほうがいい。ここまで3勝しているように勝ち方を知っているし、前走もハイペースの逃げ切りで、着差以上の内容。マイルの距離に不 安を持つ人もいるが、一度大敗したマイル戦は後方から行って砂を被り競馬にならなかったもの。距離で負けたわけじゃないよ。今回のメンバーならハイペースになることは無く、今の馬場を利して粘り込み を図りたい」(関西TM)

ダッシングブレイズ、グァンチャーレ、レンイングランドの3頭は鞍上も魅力で、今の京都の馬場を生かせるジョッキー。馬券はこの3頭を中心に考えたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line