協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. これからが勝負の時、タガノグランパ

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年02月07日(土)更新

これからが勝負の時、タガノグランパ

大物牝馬ルージュバックの参戦で注目が集まるきさらぎ賞。だが頭数は少なく、馬券的妙味はそれほど高くない。逆に古馬の東京新聞杯は派手な話題はないが、16頭立てで抜けた馬の存在もなく、馬券的には面白いレースだ。

人気を集めそうなのはフルーキーとエキストラエンドを送り込む角居勢だ。

「2頭ともに厩舎は自信を持っている。エキストラエンドは長らくスランプに陥っていたが、前走で復調気配。調子さえ戻れば、GⅢならいつでも勝ち負けになる馬だよ。昨年も東京新聞杯に出走したが、雪による順延で東京に2度輸送となる不利がありながら2着。順調度なら今年のほうが上だから昨年以上、つまり1着もある。

フルーキーのほうは、前走の金杯で勝ちに行くため位置を取りに行ったら珍しくかかり気味になってしまい、最後は伸びを欠いた。この馬は溜めて行ったほうがいいと分かったので、今回は追い込みに賭けるだろう。こうなると差し残しが怖いが、直線の長い東京なら、これをカバーできる」(関西記者)

と角居勢のワンツーもあるという雰囲気だ。

関東ではサトノギャラントの評判がいい。

「ここ6戦で4回1番人気になりながら勝っていないように人気先行のイメージが強い。ただ近走は東京以外の競馬場だからね。東京では8戦5勝だし、東京マイルに限定すると5戦4勝。唯一負けたのが昨年の東京新聞杯というのがミソだが、そのレースも最速上がりで追い込み0・2秒差の5着。得意で無い重馬場というのも大きかった。乗り方一つで勝てる」(関東TM)

角居厩舎(エキストラエンド、フルーキー)と藤沢厩舎(サトノギャラント)。東西を代表する厩舎の一騎打ちの雰囲気もあるが、これに割って入るのが、これも関西の大物厩舎、松田博厩舎のタガノグランパだ。

「1400mのファルコンSを勝ったと思ったら、2400mのダービーに出走。秋も3000mの菊花賞の後にマイルCSを使うなど一貫性が見られないが、これは馬主さんが松田博先生と一緒にGⅠを勝ちたいという強い気持ちから、多くのGⅠに出走したかったようだ。

でも今年はタガノグランパの適距離に合わせて使っていくようで、まずは東京新聞杯となった。ダービー4着から距離も持つが、デビュー前の調教内容やファルコンSの内容から、距離はマイル前後がベターだろう。

前走のマイルCSは、先にも話したように3000mからの転戦で馬が戸惑ってレースにのれていないから参考外。今回はマイルからの転戦だから、あんなことは無いよ。左回りもファルコンS1着とダービー4着から、右回り以上に走りがいいと厩舎も話している。久々の重賞勝ちのチャンスは大きい」(関西TM)

昨年のタガノグランパは何を目標にしているのか分からなかったが、今年はマイル路線をベースに使っていく模様。東京新聞杯はもちろん、その先まで追いかけて損は無さそうである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line