協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 雨のせいなのか? ディープ産駒人気勢惨敗

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年03月11日(水)更新

雨のせいなのか? ディープ産駒人気勢惨敗

先週は弥生賞、チューリップ賞と、クラシックに向けて最重要な前哨戦が行われディープインパクト産駒が上位人気に推されたが、ともに惨敗の結果となった。

弥生賞は2戦2勝のシャイニングレイとサトノクラウンの無敗対決が注目されたが、人気はディープ産駒のシャイニングレイが断然の支持。しかしレースでは、無敗2頭が大きく明暗を分けることになった。

ここ2戦同様、好位につけていたシャイニングレイだが、他の先行勢とともに失速。直線半ばでサトノクラウンが抜け出すと、大外から追い込んできたブライトエンブレムを寄せ付けず、デビューから3連勝。クラシックへ向けて大きく前進した。

問題は大敗のシャイニングレイ。いったい何があっての大敗なのか。

「パドックでは煩く見えなかったが、返し馬に入ってからはテンションが高く、鞍上の川田騎手を振り落してしまった。その後も落ち着かず、レースでも折り合いを欠いていた。雨で重くなった馬場の影響もあるのかもしれないが、かかったことのほうが敗因としては大きいのではないか。

この馬は母系から、もともと気性に問題があると見られていたが、デビューから2戦は落ち着いて競馬をしていた。しかしキャリアを積んで懸念の煩いところが出てきた。クラシックは、ちょっと厳しくなったな」(競馬専門誌記者)

重い馬場による敗戦なら本番で巻き返しも期待できるが、これが折り合い難の始まりとなると、皐月賞も苦しい戦いになるかもしれない。

チューリップ賞も2戦2勝のクルミナルが1番人気に推されたが、中団から全く動けず見せ場もなく大敗。レースはココロノアイが豪快に抜け出して、アルテミスSに続き重賞2勝目。堂々桜花賞へ向かう。

「祖母のマックスジョリーが桜花賞3着で、曾祖母のマックスビューティが桜花賞勝ち馬。今年の阪神は馬場が重いから、良馬場だとしても面白いし、再度雨が降ったら断然有利だ」(関西記者)

人気で負けたクルミナルは本番の巻き返しはあるのか。

「クルミナル、そして同じディープ産駒のコンテッサトゥーレもそうだが、完全に馬場にやられた。勝ちタイムの1分37秒7なんてダートみたいな時計だから、負けた馬には参考外と言える馬も多い。特にクルミナルはデビューから大きな間隔を開けず、これが3戦目。ここでも強い競馬をすると本番までお釣りがなくなってしまう。むしろ競馬にならなかったことで、いい叩き台になったんじゃないか。

ディープ産駒のアンドリエッテが2着にきたが、この馬よりも本番はクルミナルやコンテッサトゥーレのほうが人気も落ちて面白い」

クルミナルの大敗は、多くの関係者が馬場のせいと話しており、本番での巻き返しは十分ありそうだ。

弥生賞大敗のシャイニングレイは皐月賞も微妙だが、チューリップ賞大敗のクルミナルは、同じディープ産駒のコンテッサトゥーレとともに、桜花賞の馬券に入れておいたほうが良さそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line