協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 3戦3勝ならなくとも、主役はコチラ

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年03月25日(水)更新

3戦3勝ならなくとも、主役はコチラ

今年の3歳世代は、やたらに3戦3勝の馬が目立っている。桜花賞の有力馬には、ルージュバック、クイーンズリング、キャットコインと3頭の3戦無敗馬がいたが、先週のフラワーCでアルビアーノがデビューから3連勝を達成。これで4頭目に増えた。

「2戦目となった1400m戦が強すぎたので、1800mはどうかと思ったが、直線の二枚腰を見ると距離の心配は杞憂だった。12キロ減っていたが、馬体を見る限りは細い感じは無く、調教の俊敏な動きから調子も良さそうだった。この後は桜花賞に行くかレース直後ははっきり言ってなかったが、逃げないと駄目というタイプではないので、差し有利の傾向が強い桜花賞でも見せ場はつくれるのでは」(美浦関係者)

3戦無敗が4頭となった牝馬路線だが、牡馬も現在クラシック候補一番手と言われるサトノクラウンが3戦無敗。これに並ぶかと見られていたのが、若葉Sのアダムスブリッジと、スプリングSのリアルスティールだった。

まずは若葉Sのアダムスブリッジだが、最後は伸びてきたものの、前走のような切れ味は無く3着が精一杯だった。

「半兄がアダムスピーク、半姉がリラヴァティという良血で期待された一頭。前走の若駒Sの勝ち方が鮮やかだったので期待されたのだが、今の粘っこい阪神の馬場に脚を殺された。前回の京都は逆にパンパンの芝で、早い上がりを出せる馬場だったからね。次に狙えるなら京都新聞杯あたり。もう一頭、人気で負けたポルトドートウィユも同じタイプで、ともにクラシックは厳しい」(雑誌記者)

一方スプリングSでは、新馬、共同通信杯と連勝したリアルスティールが圧倒的な人気。ここを勝って皐月賞はサトノクラウンと無敗の3連勝対決が目玉になると見られていた。

結果は、3戦3勝馬がここでも誕生。その正体は意外にもリアルスティールではなく、キタサンブラックだった。

「平場戦勝ち上がりで目立たなかったようだが、あのレースは昨年まで1回東京の開幕週にあった芝2000m戦。ここ3年でフェノーメノ(青葉賞)、カミノタサハラ(弥生賞)、ロサギガンティア(スプリングS)と、勝ち馬は全て2戦以内に重賞を勝っており、活躍馬を量産してきたレースなんだよ。そんなレースで後続をちぎる圧勝したのだから、もっと注目を浴びても良かったところだ」

と新たなスター誕生は、意外な馬では無いと言う。ただ、それでも本番は、「3戦無敗になるはずだった」こちらが優勢だという。

「多くの人が思っただろうが、本番はリアルスティールだ。先週の中山は、ペースが落ちると極端に先行馬や内を通る馬が有利だった。スプリングSも超スローペースで、1番枠を引いたキタサンブラックが断然有利になった。

リアルスティールのほうはというと、スタートからかかり気味になったところを、福永騎手が抑えて中団後方よりに位置。そこからダノンプラチナを見るように進め、直線は馬群の外に持ち出した。そこから矢のように伸びると、ダノンプラチナは並ぶ間もなく交わしたが、キタサンブラックにはわずかに届かなかった。

これはレースのアヤで力負けでは無い。というか能力が段違いであることは、改めて示せたのではないか。今の中山で33秒6の脚は出色といっていい。ここも勝ちに行けば勝てたはずだが、福永騎手は先を考えて抑え込んだのだろう。これがクラシックになって大きくプラスになる。レース前に少しテンションが高くなるところは気になるが、他にマイナス要素は無し。皐月賞はサトノクラウンがいるから絶対とは言えないが、能力全開が期待できるダービーは断然の存在じゃないか」(雑誌記者)

今年のトレンドである3戦3勝は逃したが、敗れてなお評価を上げたリアルスティールが、クラシックへ向けて他馬以上に大きく前進したことは間違いない。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line