協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. GⅠ馬7頭が激突の大阪杯。馬券の妙味はGⅠ未勝利馬

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年03月29日(日)更新

GⅠ馬7頭が激突の大阪杯。馬券の妙味はGⅠ未勝利馬

最近の春競馬はドバイ遠征する馬が増えたため、国内の古馬戦線は低調なメンバーになることが多くなっている。今年もエピファネイア、ハープスター、ワンアンドオンリーらがドバイへ行ったため、古馬重賞のメンバーが心配された。しかし大阪杯にはイスラボニータ、キズナ、スピルバーグ、ロゴタイプ、ラキシス、ショウナンパンドラ、カレンブラックヒルと、7頭ものGⅠ馬が出走を予定している。これにはファンも大喜びだ。

注目は何と言ってもキズナ。骨折明けの京都記念は、極端な内有利な馬場で不利な状況にあったが、ゴール寸前に猛追して少差の3着。敗れたものの、キズナ健在をアピールした。今回は一叩きして、前走のような敗戦は許されない立場だ。

「目標は天皇賞なんだから、別に大阪杯を落としたって恥ずかしい競馬じゃなければ別にいいだろう。状態は前走以上で、追い切りの動きも格別だった。馬自身も、長い休養で肉付きも良くなり、馬体重以上に細目に見えた3歳時よりパワーアップした感が強い。叩き台ながらも勝ってしまうのでは」(関西記者)

昨年はとても届きそうにない位置から追い込んで勝ったキズナ。ただ、その時の2着はトウカイパラダイス。今年は相手にGⅠ馬が並び、昨年のようにうまく行くかとなると微妙だ。

「やっぱり先に仕掛けられる馬が怖いよね。そうなるとイスラボニータだろう。前走は重い馬場で負けたという意見が多いけど、休養明けも大きかったんじゃないか。こんなことを言ったら申し訳ないが、栗田厩舎にはイスラボニータと調教ができる馬が少ないから、仕上げは難しい。やはりレースを使っての変わり身を待つ形が多くなると思うんだよ。だから今回のほうが断然いい。逆に今回馬券にならないようだと、この先が厳しくなる」(関東記者)

展開で怖い馬となると、先行できるロゴタイプだと思うのだが。

「鞍上のデムーロが、今回はエアソミュールに乗る(ロゴタイプは福永騎手)。単純だけど、それならエアソミュールを狙ったほうが得策だ。乗り難しい馬だが、能力は一級品。こんな難しい馬にテン乗りで前走は危ないと思ったが、さすがはデムーロ。うまく3着に持ってきた。2度目の騎乗で馬のことも更に分かっただろうから、もっと能力を引き出せる。毎日王冠の内容から、この相手でもやれる」(競馬専門誌記者)

GⅠ馬7頭の中で、GⅠ勝ちの無いエアソミュールは埋没してしまいそうだが、得てしてこういうときはGⅠ未勝利馬が勝ったりするもの。マスコミがGⅠ馬対決を煽るほど、GⅠ未勝利馬の旨みは増していく。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line