協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. GⅢと思えぬ豪華メンバー。アンタレスSも忘れるな
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年04月17日(金)更新

GⅢと思えぬ豪華メンバー。アンタレスSも忘れるな

今週は皐月賞ばかりに目が行きがちだが、土曜日のアンタレスSもGⅢとは思えぬほどの好メンバーとなった。朝日杯FS勝馬アジアエクスプレスに、東京大賞典勝馬のローマンレジェンド、チャンピオンズC2着のナムラビクターとGⅠで好勝負している馬が3頭いる他、ダノンカモン、クリノスターオー、ワイドバッハら重賞ウイナー、そしてダノンバトゥーラ、マスクゾロら上昇中の4歳馬もおり、かなりの激戦が予想される。もちろん馬券的な妙味も高く、予想しているだけで楽しくなってくるレースだ。

まずはGⅠ組の情報を知っておこう。

「調子が掴みづらい馬だが、阪神コース適性からナムラビクターはいいだろう。疲れが出てGⅠのフェブラリーSを使えなかったが、そのぶんをここで取り返したいはず。難しい馬だから、デムーロが乗るのもプラス材料だろう。

ローマンレジェンドも阪神は走るし、間隔が開いたのもいい。アジアエクスプレスも大型馬で、叩いた効果は大きい」(専門誌記者)

と実績馬3頭はどれも悪くなく、特にナムラビクターはお奨めのようだ。

ただ、ここは他にも買いたい馬が多く目移りしてしまう。特に話が濃かったのがマルカプレジオだ。

「この馬は元々期待が高かったのだが、脚元の不安もあって本格化まで時間がかかってしまった。ようやく順調に使えるようになり、ここまで伸し上がって来た。だから実績こそ他馬に負けるけど、能力では見劣らないよ。

ポアゾンブラックにクリノスターオー、ダノンバトゥーラにトウショウフリークと、前に行きたい馬が揃ったから展開も向く。ここ3戦で2度阪神のオープン特別を勝ったように適性も合うし、前走中団で競馬ができたように、レース内容にも進境が見られる。重賞をまだ勝っていない分、モチベーションは他の実績馬よりも上だよ」(関西記者)

他では「前走2400mが長かった。1800mで巻き返す」というアスカノロマンも狙いたいが、阪神が初めてというのは気になる材料。

ナムラビクター、ローマンレジェンドらGⅠクラスの馬は強敵だが、ここは勢いのあるマルカプレジオを狙ってみたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line