協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 次に繋がるのはマイラーズC
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年04月28日(火)更新

次に繋がるのはマイラーズC

先週はGⅠの前哨戦が3つ行われた。マイラーズCは安田記念へ、フローラSはオークスへ、福島牝馬Sはヴィクトリアマイルへ。果たして、GⅠに王手をかけた馬はいたのか?

マイラーズCは開幕週の馬場を考えるとかなりのスローペースになり、機転を効かして先手を取った四位騎手のサンライズメジャーが逃げ込みを図ったが、外からレッドアリオンが差し切ってのゴール。人気のフィエロは内から迫ったが3着に終わった。

「レッドアリオンはレコード決着だった昨年のマイラーズCでは逃げて5着。今年は好位から差す形で、時計の出る馬場にも見事に嵌った。安田記念も馬場が良ければチャンスもあるだろうが、開催が進んだ後だからどうかな。やっぱり狙い目はフィエロということになるだろう。勝負所で前が壁になり待たされのが痛く3着になったが、もともと休養明けはあまり走らないので、この結果でも十分。叩いた次は良くなるはずだ。昨年の安田記念は重馬場に泣いたが、良馬場なら上位を狙える。

でも一番目立ったのはディアデラマドレ。開幕週の馬場で、しかもスローペース。これで最後方18番手では競馬になるはずもない。それでも最後は31秒9という驚異的な脚で伸びてきた。こちらはヴィクトリアマイルが大目標。初GⅠのチャンスだろう」(関西記者)

人気で敗れたフィエロ、ディアデラマドレだが、本番でも人気にして良さそうである。

オークストライアルは例年よりも平凡なメンバーという前評判だったが、結果もそれに近いものだった。

「シングウィズジョイは切れる脚が無いので、内田博騎手が積極的に前へ行き、直線は周囲の動きを見て追い出しのタイミングを計るなど、冷静な騎乗が勝利に結びついた。馬もスタミナはあるので最後まで止まらず、後続も差せそうで差せなかったのは、君子欄賞と同じだ。ただ、オークスはレッゴードンキがおり、楽な競馬はできない。2400m自体は合うので掲示板に載る可能性はあるが、勝ち負けまでは厳しい。

2着のディアマイダーリンは道中かかり気味。最後に思ったほど切れなかったのは、そこが影響したのか。距離延長のオークスは厳しい。

一番内容が濃かったのはマキシマムドパリ。陣営は輸送を心配していたが、案の定大きく馬体重を減らし、見た目にも体は寂しかった。それでも3着に食い込むのだから大したもの。唯一オークスで狙えるなら、この馬と言いたいところだが、再度の輸送では厳しかろう」(競馬専門誌記者)

フローラS組は、オークスで狙いを立てるのは厳しい。

最後は福島牝馬S。追い込みのスイートサルサが初重賞を勝ち取った。

「重賞を勝てる力は十分あったのだが、展開に恵まれず、なかなか届かなかった。今回は狭い福島コースで厳しいと思ったが、レースが流れ、この馬自身もいつもより早めの動けたのは良かった。得意の東京で行われるヴィクトリアマイルが楽しみ、と言いたいが、結構前有利の結果が多いから、今回のように早く動けるか。東京だからと、いつものように後方で脚を溜めていると厳しいかも。いつもの追い込みだと、同脚質のディアデラマドレと比較して劣る」(関東記者)

GⅠへの前哨戦の意味も持った3つの重賞。どうやら狙っていいのは、マイラーズC組だけと考えて良さそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line