協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 長距離戦は、やっぱり騎手の腕

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年05月06日(水)更新

長距離戦は、やっぱり騎手の腕

昔から、「長距離戦は騎手の腕で決まる」という話があったが、この言葉を改めて思い起こさせたのが今春の天皇賞だった。主役は、もちろんゴールドシップを勝利に導いた横山典騎手である。

「高速馬場がどうのこうの言われているが、ゴールドシップが惨敗するケースは、何より馬自身が真面目に走らないとき。コース適性が合っていると言われたアメリカJCCでも、格下相手にあっさり負けてしまうのだから。さて今回はどうなるかと見ていたのだが…」(関西記者)

過去2年の天皇賞で見られたゴールドシップの負けパターンは、3コーナーあたりからまくって行くが、結局まくり切れずに最後は伸びを欠くもの。春の天皇賞は、どの騎手も戦法が分かっているから、ゴールドシップだけでなく他の馬も早めに動く。この流れの中で、一瞬の速い脚が無いから勝負所で他馬に遅れ、鞍上が急かすように追いまくると、馬も嫌気を出してしまったように見える。

「同じ轍は踏まんと、横山典騎手は他がまだ動かない2コーナー過ぎから仕掛けて番手を上げた。これが大きかったよ。強引に見えるが、これでゴールドシップに火がついたし、いつも番手を上げるのに苦労する3~4コーナーで慌てる必要も無かった。それに早めに動いたことで、他の馬を焦らせることになり、瞬発力勝負にもならなかった。自分の得意な形に持ち込んだのは大きかったよ」(関西記者)

時折疑問符が付くような騎乗も見られる横山典騎手だが、ここ一番ではやはり頼れる騎手だ。

横山典騎手の腕も光ったが、もちろんゴールドシップの頑張りも見逃せない。

「高速馬場は駄目という声も多かったが、今回のレースで払拭できた。この馬の場合ゲート入りで駄々をこねることが増えてきたように、年を重ねるにつれ我儘になってきた。京都では、いつもより急かされる競馬をさせられるせいか、性格的に嫌気がさしていたことも多かったのかも。

ただ性格で結果が左右されるとなると、これから馬券の取捨が更に難しくなってくる。アメリカJCCのように、得意の中山で、相手も弱く、有馬記念以上にデキがいいと言われた時でも大敗した馬だからね。本来なら、得意の宝塚記念は更に堅いって思うところだけど、そんなに甘くないような気がする」

苦手と言われた京都の高速馬場も克服し、更にバージョンアップした感もあるゴールドシップだが、宝塚記念でアメリカJCCのような結果になるとも限らない。この先は更に取捨が難しくなりそうだ。

天皇賞で他に目立ったのが、10番人気で3着に入ったカレンミロティックの健闘。こちらも好枠を巧みに生かしたベテラン蛯名騎手の腕が光った。

「昨秋の菊花賞のときも、4番枠のサウンズオブアースを内ラチぴったりに走らせ2着に導いた。カレンミロティックも2番枠を生かして、内ピッタリで好位を追走し、4コーナーでは早めに動き先頭。フェノーメノで2年連続天皇賞・春を勝っているが、このときも止まりにくい馬場を考慮して捲り気味に進出して勝っており、今回も同じような戦法だ。本当はもう少し我慢させたかったようだが、ゴールドシップが迫ってきていたのだから、これは仕方がない。待っていたら差されてしまうからね。結局フェイムゲームにも捕まり3着になってしまったが、一時は勝利を思わせる見せ場もつくった。春の天皇賞、そして菊花賞と、京都の長距離の乗り方を熟知している。大レースでも強いし、ホント勝負師って感じだね」(関西記者)

外国人騎手や地方出身騎手の躍進が目立つ最近だが、まだまだJRA生え抜きのベテラン騎手も負けていない。特に長距離戦では、横山典、蛯名騎手のような仕掛けどころを知っている騎手は貴重な存在。改めて「長距離は騎手が重要」を思い知らされた。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line