協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. ヴィクトリアマイルの穴馬は、先行馬にあり
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年05月10日(日)更新

ヴィクトリアマイルの穴馬は、先行馬にあり

出走を予定していたハープスターが脚部不安で引退してまったことは残念だが、昨年のオークス馬ヌーヴォレコルト、秋華賞馬のショウナンパンドラ、豪脚ディアデラマドレなど、楽しみな馬が顔を揃えるヴィクトリアマイル。直線の長い東京コースで、迫力の追い合いが見られそうだ。だが、メンバーを見ると一波乱も二波乱もあるという関係者もいる。

「3年前は、2、3番手にいたホエールキャプチャ、ドナウブルーが粘り込んで馬連は55倍、ここ2年はヴィルシーナが連覇したが、2年前が2番手抜け出し、昨年は逃げ切り。特に昨年は11番人気だからね。直線が長いのでノンビリ構えがちだが、そのせいもあって先行馬が粘り込むレースが多いのがヴィクトリアマイル。今年もディアデラマドレのような追い込み馬が人気になりそうだし、ヌーヴォレコルトも近走は好位付けしているが、マイルではそんな競馬ができるか分からない」(競馬専門誌記者)

と人気馬が差し残して終わってしまうケースも考えられるという。それでは先行勢で狙い目の穴馬はいるのか。

「東京だから、先行して且つ速い上がりを出せるような馬じゃないと駄目だね。これに見合うのがケイアイエレガントだよ。ヴィクトリアマイルと同じコースで行われた節分Sを昨年勝っているが、このときは逃げた上に、上がり3F33秒4の脚で後続に3馬身差をつける楽勝を演じている。昨年のヴィクトリアマイルも14番人気ながら6着と善戦。3番手追走だったが、もっと積極的に行けば際どい勝負になったと思う。

今年は京都牝馬Sを勝ち、間隔を開けての臨戦だが、休養明けは先に挙げた節分Sもそうだったので大丈夫。どうせ誰もマークしてこないから、逃げればチャンスはある」(関東記者)

同じく美浦からは、もう一頭カフェブリリアントの名を挙げる関係者も多い。

「3連勝しているので少し人気になってしまいそうだが、ここへ来て変わり身が一番なのがカフェブリリアント。以前は松山厩舎に所属し8戦1勝だったが、堀厩舎に移籍してからは8戦5勝。能力的な成長もあるが、気性的な部分でも成長も目立っている。かつては折り合いに専念して後方から差す競馬だったが、前走は好位から抜け出し。こんな競馬ができるようになったことは大きいよ。

半姉のサウンズオブアースはGⅠも期待されたが、脚部不安もあって10戦6勝の好成績で引退。代わって妹がGⅠを勝ったらドラマティックだね」(競馬雑誌記者)

ケイアイエレガントにカフェブリリアント。穴馬券を狙うなら、この2頭を推薦しておきたい。

(美浦ライター:高木)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line