協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 意外だらけだった池江厩舎ミッキークイーンのGⅠ制覇
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年05月28日(木)更新

意外だらけだった池江厩舎ミッキークイーンのGⅠ制覇

前評判は混戦模様だったオークスだが、単勝オッズはルージュバックが頭一つ抜けた一番人気。そのルージュバックが好位から抜け出し先頭に立ったが、ゴール寸前でミッキークイーンが強襲し、大逆転でオークス馬の栄冠に輝いた。

「クイーンCで大きく減っていた頃は、明らかに細く見えた。あの時に比べると、馬体重こそ大きくは増えなかったものの細くは見えず、引き締まって成長した姿を見せてくれていた。パドックでも元気いっぱいに周回し、精神的にも本番へ向けて良く仕上げてきたなって感じだったね。クイーンCではいい脚を長く使えて、この頃からオークス向きと見ていたが、その通りの結果。それでもデビューが年末だったように、まだまだ成長の余地がある。馬体が450キロを超えてくれたら更に凄い馬になるだろう。夏の成長を期待したい」(関西記者)

このミッキークイーンの勝利で池江調教師は、牝馬クラシック初勝利。しかも、牝馬の重賞勝ちが7年前のチューリップ賞(エアパスカル)というのだから意外だ。

「重賞ウイナーがたくさんいる厩舎だから、牝馬が長く重賞を勝っていなかったことは気づかなかった。もともと牡馬を多く入れていたというのもあるかもしれないが、この厩舎自体が調教がタフなので、牝馬には合わなかったのかもしれない。ただ最近になって、直前追いが軽め(4F追い)になったから、牝馬の活躍も増えるんじゃないかな」

更にもう一つ意外だったのは、ディープインパクト産駒のGⅠ勝ちが初めてだったことだ。

「お父さんの厩舎(池江泰郎厩舎)にディープインパクトがいたせいで、息子の泰寿厩舎にもディープインパクト産駒の評判馬がたくさん入っていた。実際ワールドエース、トーセンスターダム、サトノノブレスなど、重賞ウイナーがたくさんいるからな。でも、よく見るとGⅠウイナーはオルフェーヴル、ドリームジャーニー兄弟に、トーセンジョーダンとディープ産駒じゃない馬ばかり。だからミッキークイーンのGⅠ勝ちはホッとしているところもあるだろう。この勢いで、ダービーのサトノラーゼンも行けるかな」

GⅠ戦線の常連である池江厩舎が、実は牝馬が苦戦し、ディープ産駒がGⅠ未勝利だったのは意外だった。まさかの2つを一気にクリアし、池江厩舎は更に飛躍することは間違いない。まずはディープ産駒のサトノラーゼンのダービーに期待したい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line