協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. ルージュバックの2着で何かが変わる?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年05月28日(木)更新

ルージュバックの2着で何かが変わる?

「今年のオークスの予想は難しい」

周囲からそんな声がたくさん聞こえていた。3歳牝馬で初めての長距離戦で元々難しいのだが、理由はそれだけではない。前にも書いたように、帰厩の遅いルージュバックの扱いが、多くのファンや関係者の頭を悩ませたからだ。

「牝馬は1週前に強い調教をして、レース当週は軽くサーッとやる。そんな調整が多いので、オークス1週前の水曜日は、出走予定馬の多くが本追い切り。なのにルージュバックは、多くの馬が本調教をやっている前日に美浦トレセンに帰って来た。レース12日前だよ。当然他馬のように水、木曜日に速い時計を出すことは無く、土曜日に速い時計を出した。そしてレース当週は4Fから軽くやっただけ。

普通の重賞ですら、放牧先から12日前に戻ってレースに出て勝った馬などなかなかいないし、GⅠともなると勝ち負け以前に、そんな仕上げでレースに出た馬も記憶が無い。『放牧先の天栄(ノーザンFの牧場)の坂路で5本やってきた』ってういうけど、それがどのような内容なのかちっとも分からない。そんな馬が1番人気なんだから、予想が難しくて当然だ」(競馬専門誌記者)

こうした調整に、トレセン関係者の中からも、「これじゃあトレセンでの調整は要らないと言っているようにも思える。正直ルージュバックには勝って欲しくない」と話をする人も。

結果は2着いうことで勝利こそ掴めなかったものの、桜花賞の大敗から大きく巻き返してきたのは事実。これをどう考えればいいのか。

「2着に負けたが内容は上々で、ルージュバックの力は出せたと思う。ということは、天栄での調整は成功と見ていいのではないか。これでノーザンFも更に自信を持っただろう。となると、今後ルージュバックのようにギリギリまで牧場で調整し、レース1週前にトレセンに戻るというケースも増えていくかもしれない」

これが増えると、厩舎スタッフも意欲が薄れてくるのではないか。逆に、仕事が楽になっていいと考える者も出てくるのか。

また馬券検討でも、中間の仕上げ具合が分からず、調教欄の重要性が薄くなっていく。ならば放牧先の牧場の調教内容(コース、時計)を発表するべきではないのか。競馬新聞、牧場ともに検討するときに来ていると思うのだが。

(美浦ライター:高木)

  

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line