協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 鳴尾記念、一発狙いでお奨めしたい馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年06月05日(金)更新

鳴尾記念、一発狙いでお奨めしたい馬

今週はGⅠ安田記念がメインだが、鳴尾記念も宝塚記念に繋がる重要な一戦だ。

人気はラブリーデイ、エアソミュールあたりになりそうだが、面白いのは先行勢という話もある。

「逃げるのはメイショウナルトかトウケイヘイローだろう。どちらがいいかと言われたら、メイショウナルトと答えるね。最近はハンデ戦ばかりで57・5キロを背負わされていたが、久々に56キロで出られる。ちなみに前回56キロだった七夕賞は勝っているよ。

とにかく逃げないと駄目な馬なので何が何でも行くと思う。そうなると問題は、同じ逃げ馬のメイショウナルトだが、こちらは陣営が『少し割り引いたほうがいいかも』と少々弱気。なにせ屈腱炎で長期休養明けなうえに、目標は次の宝塚記念で、無理すると思えない。それに鞍上の武豊騎手はメイショウさんの主戦騎手で、メイショウナルトにも騎乗していた。だから、競り掛けるということは無いのでは」(栗東記者)

斤量が1・5キロ軽くなり、開幕週で単騎逃げができれば、メイショウナルトも買いたくなってきた。ただ、こんな指摘をする人も。

「トウケイヘイローは自分でガーッと行ってしまうところがある馬。今回は久々の競馬で気も入りやすいから、いくら武騎手が抑えようにも行ってしまうのでは。

それにラブリーデイ、グランデッツァは溜めていいタイプじゃないし、開幕週の内回りコースを考えると、ある程度早めに仕掛けていくはず。そうなると前が厳しくなるのでは。

そこで狙いはエアソミュールってことになる。金鯱賞のように今でもかかるから、前が流れてくれるのは有利だ。前走の大阪杯は3着だが、1着ラキシス、2着キズナ、4着スピルバーグ、5着ロゴタイプと前後は全てGⅠ馬。そこで好走だから、今回はかなり相手が楽。2連覇は濃厚」(雑誌記者)

エアソミュールもいいが、これでは配当は望めない。そこで、同じように前が速くなることを期待して穴馬を挙げる関係者も。

「前走4着でようやく復調の気配が見えてきたマジェスティハーツに期待するよ。スランプが長かったが、前走あたりから良くなってきて、今回は前走以上のデキは間違いない。

かかるところがあって難しい馬だが、前が流れて脚を溜められれば、終いはいい脚を使ってくれる。それから、前回も直線で内にモタレたように他にも癖はある。そこで直線は内を衝く作戦も考えているようだ。それもあって、当初予定していたエプソムCを回避し、頭数の少ない鳴尾記念に回って来た。内が開くかどうか運任せの面もあるが、うまく道が開ければ大逆転もある」(元専門紙評論家)

元は菊花賞で2番人気になったほどの実力馬。クセが多く難しい馬だが、穴を狙うならマジェスティハーツの一発に賭けるのも面白い。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line