協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. エプソムCの2強はマイルCSなら有望
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年06月18日(木)更新

エプソムCの2強はマイルCSなら有望

6戦5勝のエイシンヒカリ対未完の大器サトノアラジンの対決が注目されたエプソムC。エイシンヒカリが馬任せに行かせるという話もありハイペースが予測されたが、予想に反して抑えの利いた逃げになり、ペースは緩め。直線ではサトノアラジンが迫ったが、少差届かずエイシンヒカリが逃げ込んでの1着。これで戦績を7戦6勝とした。

「アイルランドTの時もそうだったが、左回りのときだと外に寄れる。でも武豊騎手がうまく修正して、あのときのようなひどい形にはならなかった。これで秋の天皇賞へ向けて視界良好と行きたいが、正直なところ勝ってもあまり強さを感じなかった。この馬にサイレンススズカを求めている人も多いようだが、そこまで到達するのはまだまだじゃないか。それに左回りは依然怖さがあるし、気性の問題もある。秋は右回りのマイルCSのほうが計算は立てやすいだろう」(関西記者)

同じような意見は他からもあった。

「現状は期待が高すぎて過剰評価に思える。武豊騎手の逃げ馬と言えば、最近ならトウケイヘイローだが、あの馬が重賞3連勝した頃はもっと強かった。それに比べると、まだ物足りない。まあデビューも遅かった馬だし、これからもっと成長するとは思うが」(別の関西系記者)

とこちらも冷静な見方だった。対するサトノアラジンはどうか。

「2歳時から陣営が凱旋門賞の名も出すほど期待の高かった馬だが、古馬になってようやく期待に内容が追いついてきた。姉のラキシスがそうであったように、このきょうだいは晩成型なのだろう。ここ2戦は2、3歳時とは終いの脚が違うからね。ただ気負うところは変わらず、今回もかかり気味でリズムがつくれなかった。エイシンヒカリに迫りながら、最後に捕まえられなかったのは、そのあたりが出たのだろう。現状はマイルのほうがいいかなと思っていたら、陣営から早くもマイル路線へ向かう話が出されていた。これは賢明だと思う」(競馬専門誌記者)

秋の天皇賞へ向けて重要な一戦と見られていたエプソムCのエイシンヒカリ対サトノアラジン。どうやら正解は「マイル路線へ向けて」ということだったようだが、エイシンヒカリのほうは、まだ秋の路線は決まっていないようだ。もし、この馬も秋はマイルCSとなれば、モーリスやヴァンセンヌらとの対戦が楽しみである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line