協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 函館SS組が中心のキーンランドCは超難解
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年08月23日(日)更新

函館SS組が中心のキーンランドCは超難解

キーンランドCの有力馬を見ると、函館SSを使った馬が目立つ。同じ洋芝の1200mなのだから、函館SS→キーンランドCのローテーションを取る馬が多いのは当然だろう。昨年も1着のローブティサージュ、3着のマジンプロスパーが、函館SS→キーンランドCのローテで臨んだ馬だった。

今年一番人気に推されそうなのはティーハーフ。現在3連勝中で、函館SSも鮮やかに差し切り。2着争いが大混戦だっただけに、2馬身半抜け出したティーハーフの強さだけが目立ち、断然人気に推される可能性もある。ただ函館SSをそこまで信用してもいいのか。

「ティーハーフが抜けているように見えた函館SSだが、実際にはどうだろう。このレースは先行馬が総崩れで、中団以降にいた馬が上位を独占。最後方にいたティーハーフには展開が向いたところもあった。

更に函館SSは、不利を食って力を出し切れていない馬もいた。ローブティサージュなんか前が壁になって何もできないまま終わっていたし、スギノエンデバーも伸びてきたところで行き場を失っていた。

前年も、ストレイトガールが前が壁になって何もできないまま終わったが、GⅠを勝てるような馬でも不利があれば大敗してしまう。函館SSはこうした不利が起きやすいレースなので、着順をそのまま予想の参考にすると危険だ」(競馬専門誌記者)

その不利を食らった2頭だが、そのぶんキーンランドCで巻き返しの意欲は強い。特にその意欲が強く感じられるのがローブティサージュだ。

「前走はいい枠を引き、道中も内々で距離ロスを防ぎ、追えばいつでも抜け出せるほどの手応えだったが、結局前が開かないまま一度も追うことなく終わり。あそこまで何もできないなんて。おかげで当然疲れはないし、昨年勝っているレースなので適性は文句なし。キーンランドC2連覇はあるよ」(関西記者)

洋芝は、度外視の前走を除けば新馬1着、昨年のキーンランドC1着、函館SS2着とほぼパーフェクト。悔しいレースの後だからこそ、先のスプリンターズSよりキーンランドC勝負の色のほうが濃いというのが同馬の周囲の話だ。

また函館SSが参考にならない可能性があるなら、他路線組も怖い。注目は、同じ札幌芝1200mのUHB賞組だろう。

「昨年のキーンランドC2着のレッドオーヴァルは、前走のUHB賞よりここ(キーンランドC)勝負。例年より時計が速い札幌は、特に1200m戦のテンが早く、前走のレッドオーヴァルも追走に苦労していた。最近は重い馬場ばかり走っていたので、久々の速いペースに戸惑ったのだろう。それでも3着に来ているし、前走を使ったことで追走も楽になる」(栗東TM)

勢いに乗るティーハーフだが、前走がうまく行きすぎた感も強い。逆に前年の1、2着馬ローブティサージュ、レッドオーヴァルは前走が不本意な競馬。馬券的妙味を考えれば、後者の2頭に旨味を感じずにはいられない。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line