協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 成長株が顔を揃える毎日王冠は、秋GⅠの道標になる

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年10月06日(火)更新

成長株が顔を揃える毎日王冠は、秋GⅠの道標になる

エピファネイア、キズナが引退し、3歳馬ではドゥラメンテが故障。この秋は主役不在で、毎日王冠もイスラボニータ、ダノンシャーク、スピルバーグとGⅠ馬が出走するが、どれも派手な馬ではない。それでも今年の毎日王冠は楽しみなメンバーと言える。それはヴァンセンヌ、エイシンヒカリ、3歳のアンビシャスと、底を見せていない急成長の馬が並び、後に豪華メンバーだったと言われるレースになるかもしれない。

多くの関係者に毎日王冠の情報を聞きまわったが、案の定この3頭を挙げる人が多かった。

「最近精彩を欠いているダノンシャーク、イスラボニータや、どう見ても天皇賞への叩き台のスピルバーグといったGⅠ馬を買うなら、昨春に伸びてきた新興勢力を狙ったほうがいい。目立つのはヴァンセンヌだな。

昨秋から東京新聞杯まで4連勝。でも、この頃は時計がかかる馬場で結果を出しており、着差も少ないことからどこか信頼できない部分もあった。でも春の2戦で見方が変わったよ。京王杯では今迄に無かったような切れ味で2着。安田記念もモーリスにクビ差迫る2着で、もう少しで差せる勢いだった。時計の速い競馬にも対応し、もはや何も問題は無くなった。

まだまだ成長している可能性もあるから、この秋は更にハイレベルの競馬を見せてくれるかもしれない。それを確かめるのが毎日王冠だ。マイルCSの本命候補と思っていたが、今回の内容では天皇賞も見えてくる」(栗東記者)

底を見せていないという点では、エイシンヒカリも負けていない。

「ここまで8戦7勝。初重賞のチャレンジCで大敗したときは底が見えてきたと思ったが、今年に入ってオープン特別、そしてGⅢのエプソムCと2連勝。特にエプソムCは、今春大きく成長したサトノアラジンや、次戦で札幌記念を制することになるディサイファを破ったのだから価値は高い。

そのエプソムCは、陣営が飛ばし逃げするというようなことを言っていたのだが、結局は溜め逃げ。でも、これで結果を出したことは大きく、チャレンジCのような大敗は少なくなるだろう。精神的に成長して、この秋はワンランク強くなったエイシンヒカリを期待できるのでは」(関西元専門紙記者)

今挙げた2頭は古馬の成長株だが、最も伸びしろを持っているのは、やはり3歳馬。注目はアンビシャスだ。

「ここまで6戦4勝ですが、負けた2戦も好内容。特に共同通信杯はリアルスティール、ドゥラメンテの3着だから価値は高いです。

ラジオNIKKEI賞もローカルのGⅢと舐めてはいけません。今年のラジオNIKKEI賞は、ハイレベルの競馬で勝ち上がってきた馬が多かったので楽しみだったのですが、終わってみればアンビシャスの独壇場。時計も速かったですし、以前にも増して強くなっており、今なら共同通信杯の上位2頭とやっても際どい勝負ができるのでは。

ディープインパクト産駒でまだまだ成長が見込めますし、秋になってどれだけ強くなっているか楽しみです。ここ5年でアリゼオ、カレンブラックヒルと3歳馬が2頭勝っているレースですが、その2頭が勝つなら、アンビシャスでも勝てるはずです」(競馬専門誌記者)

ヴァンセンヌ、エイシンヒカリ、アンビシャス。底知れぬ3頭が、秋を迎えてどれだけ強くなったか。この差を確かめれば、天皇賞・秋、マイルCSの結果も見えてくるはずだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line