協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. ジャパンCの人気2頭、買えるのはどっち?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2015年11月23日(月)更新

ジャパンCの人気2頭、買えるのはどっち?

春にGⅠ宝塚記念を含め重賞を4勝したラブリーデイが、秋になっても京都大賞典、そしてGⅠ天皇賞・秋を連勝。これだけの成績を残していたら、この馬が断然人気になるところだが、ジャパンCにはゴールドシップが出走する。今年初戦のアメリカJCCこそ大敗したが、その後阪神大賞典、天皇賞・春と連勝。宝塚記念は大敗したが、ご存知の大出遅れで、能力的に負けたわけではない。ラブリーデイは今年6勝しているが、対ゴールドシップは1勝2敗と分が悪く、現役トップとは言い難い。

ジャパンCは、この2頭の対決が目玉になるわけだが、かたやラブリーデイは京都大賞典、天皇賞・秋と2連勝し、そろそろ疲れが見える頃。ゴールドシップのほうは問題だらけで、ゲート難、東京コースへの対応、休養明け(有馬記念への叩き台?)と心配な面は多い。果たして実際のところはどうなのか。

「ラブリーデイは、京都大賞典を使ったのがポイント。天皇賞を考えれば、東京1800mの毎日王冠から始動したほうがいいのですが、それでも京都大賞典を使ったのは、この先続く遠征を考慮したから。つまり先(ジャパンC、有馬記念)を読んで、疲れが残りにくいほうを選んだということではないでしょうか。更に天皇賞も、調教内容や馬体を見ると、100%仕上げという感じではありませんでした。このあたりも2400mの京都大賞典を使ったことがヒントで、もともと天皇賞よりは、ジャパンCのほうが勝負度合は高かったんじゃないかと読めます。 中間の調教を見てもデキ落ちは考えられず、前走の反動はほとんど見えません。現状不安なのは、馬場が悪くなった時くらいでしょう」(競馬ライター) 

それではゴールドシップのほうはどうか。

「休養明けだが、1週前の坂路では51秒台をマークし、仕上がりは上々だよ。問題は、東京コースへの対応とゲート。ジャパンCは上がり勝負になることが多いから、そうなると分が悪い。春の天皇賞同様早仕掛けでペースを上げ、上がりがかかるように持ってかないといけないから、今回も横山典騎手の一工夫が必要となるな。一部では『逃げるかも』なんて話があるけど、鞍上を考えると、それもあるんじゃないかな。

それをするにはゲートをしっかり出ないといけない。こればかりは最近出て来た問題じゃないから、今更解消するわけでもあるまい。やってみないと分からないというのが正直なところだが、今回はJRAもゴールドシップにあわせてゲートを開けるという噂もあるからね」(関西記者)

いろいろ問題はあるものの、それをカバーする策は練られているようだが、ゲートは練習とレースでは違う。本当にJRAが噂通り合わせてくれればいいが、さすがにそこまでするだろうか。ゲートの問題はは完全払拭とはいえない。

2強対決の雰囲気が濃いジャパンCだが、より安全なのはラブリーデイのほうと言えそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line