協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 今年は違う! オークスで買いたいフローラS組
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年04月17日(日)更新

今年は違う! オークスで買いたいフローラS組

最近のオークスは、桜花賞組が好成績を挙げることが多いが、今年は違う。フローラSはもちろん、オークスでも買いたい馬が複数存在している。

「牝馬戦線で飛び抜けた存在だったメジャーエンブレムが桜花賞で4着。乗り方云々もあるが、あの結果でNHKマイルCかオークスかって話にもなっているから、もはやオークスで絶対の存在ではない。桜花賞ワンツーの2頭も強いが、チューリップ賞から桜花賞を2頭でびっしり追い合っており、オークスまで余力があるか。それに距離が延びて更にいいというイメージも無い。それなら、今年は桜花賞不出走組にもチャンスがある。フローラSを見ると、興味をそそる馬が何頭かいるからね」(関西系ベテラン記者)

こう話すように、オークスはここへきて混沌としてきており、フローラSはオークスを占う重要な一戦となりそうなのだ。

「関西でお奨めはパールコードと、クィーンズベスト。パールコードはデビュー戦を楽勝。2戦目のつばき賞は3着だが、上位2頭はナムラシングン、ミッキーロケットと皐月賞に歩を進めた馬だし、これを相手に少差の勝負をしたのだから力はある。それを見せつけたのがミモザ賞で、まさに横綱相撲だった。牝馬の割に馬格もあって、馬っぷりは大したもの。父は、桜花賞馬ジュエラーと同じヴィクトワールピサで、勢いづいているのもいい。

強い牡馬と揉まれたという点では、クィーンズベストも同じ。12月末の500万では、サトノダイヤモンドの2着し、ナムラシングン、マイネルハニーを抑えているのだから大したもの。チューリップ賞は4着で惜しくも桜花賞出走権を取れなかったが、マイルよりは中距離以上のほうがいいタイプで、早くにオークスを目標にする流れになったことはむしろ良かった。先へ行けるので、スローペース必至のフローラSは有利だよ」(関西ベテラン記者)

これに対し、関東にもオークスを目指す好素質の2頭がスタンバイだ。

「何といってもビッシュですね。2月の東京の新馬戦は重馬場で加速ラップを叩きだし、5馬身差の楽勝。2戦目に予定していたフラワーCは除外になりましたが、翌週の500万を難なく勝利しています。これでデビューから2連勝。牝馬ながらセレクトセールで8000万円近い値がついたほどの馬で、ディープ産駒の中でも特に期待の高い馬。ちょっと体が小さすぎるのが難点ですが、もう少し増えてくればフローラSはもちろん、オークスも射程圏内に入ってきます。

不気味なのはアグレアーブル。こちらは10月の東京デビュー。調教の動きが豪快で早くから評判になり、新馬戦は期待通りの楽勝。この頃は牡馬クラシックに挑戦?なんて話もあったほどでした。これを意識したか、2戦目は牡馬のクラシック候補が集まる東京スポーツ杯2歳Sに挑戦。注目を集めたのですが、鼻出血で大敗してしまいました。今回は、それ以来の一戦。不利は否めませんが、中間は相変わらず豪快な調教を見せており、いきなりやれるのではと思わせます。人気がガタ落ちでしょうから、一発狙いたいですね」(競馬専門誌ライター)

他にも、フラワーC2着など安定感抜群のゲッカコウ、一叩きで上昇見込める素質馬ギモーヴなど多彩な顔ぶれ。今年のフローラS組は大当たりだ。

(美浦在住ライター:高木)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line