協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 安田記念は、海外帰りの2頭で決まってしまうのか
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年06月01日(水)更新

安田記念は、海外帰りの2頭で決まってしまうのか

ダービーの興奮がおさまらないが、翌週の安田記念もダービーに負けずエキサイティングなレースになること間違いない。国内と海外を合わせGⅠ4連勝のモーリスが、昨年に続く連覇を目指して参戦。これだけでも楽しみなのに、ドバイターフ(GⅠ)を制したリアルスティールも出走と、話題は盛りだくさんだ。

ただ2頭ともに海外遠征から帰ってのレース。状態はどうなのか。

「モーリスは、検疫もあって東京競馬場で調整。疲れも見えずに調子はいいという話です。美浦にいるわけではないので、いつもと調整は違ってきますが、それは香港でも同じ。そこで2連勝しているのですから、気にする必要はないと思います。

そもそも昨年の秋も、予定していた毎日王冠を疲労で回避し、目標の天皇賞・秋にも出走できず。マイルCSに出てきたときも、一部では不安説がありました。それでもレースでは力の違いを見せつけて快勝。少々調子が悪くても、それで崩れるような馬ではありません。

むしろ心配なのは馬より騎手です。近走はムーア、モレイラと指折りの腕利きジョッキーが騎乗していますが、今回はT・ベリー騎手。下手とは言いませんが、先の2人に比べると劣りますし、日本に来て1番人気で全て負けているのも(5月27日現在)気になります。今更騎手どうこうで語るレベルでは無いのですが、日本人騎手でも良かったのではないでしょうか」(競馬専門誌ライター)

鞍上に少々不安はあるものの、大きな問題もなく、今回も強いモーリスを期待して良さそうだ。

ではリアルスティールはどうか。特に初めてのマイル戦が気になるのだが。

「帰国してからは短期放牧。環境が変わったせいか当初は入れ込んだところもあったが、すぐに収まっている。トレセンに戻ってからも順調で、1週前の調教でも動きは悪くなかった。

状態はそれほど気にしなくていいだろう。

問題は距離。菊花賞でも2着に入っているので長距離馬にも思えてしまうが、あれは能力の違いで上位に来ただけ。実際は力んで走るところがあるので、長距離向きとは言えない。

母系には世界的マイラーであるミエスクがおり、もともとはスピード系。実際、全兄のラングレーはダービーを目指して当初は長距離を走っていたが、結局今はマイル~1800mを走っている。リアルスティールも1800mのドバイターフで初GⅠ勝ちをしており、マイルで更に強さを増す可能性はある」(関西記者)

2強のモーリス、リアルスティールともに不安は無いどころか、リアルスティールのほうは更に可能性が広がっている感もある。

2強といっても、恐らく単勝はモーリスが断然人気。ここは思い切ってリアルスティールを頭で狙うという手もありそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line