協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. ベルカント優勢のアイビスSD。ヒモでお奨めの穴馬は?

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年07月24日(日)更新

ベルカント優勢のアイビスSD。ヒモでお奨めの穴馬は?

一年で唯一の1000m重賞であるアイビスサマーダッシュは、夏の名物レースとして定着。今年も直千巧者が顔を見せている。

「やはり昨年の覇者であるベルカントが優勢だろう。海外帰りの前走は3着だが、もともと狙いはアイビスSDのほうだろうし、一叩きして型通りの良化している。2連覇の可能性は高い。

関西では、春の韋駄天S(直千コース)上位3頭も、早くからアイビスSDに照準を合わせて順調だよ。そのときに勝ったプリンセスムーンは、直千しか走らないんじゃないかというくらいの極端な直千巧者だから、ここは何が何でも勝ちたいくらいの仕上がりで来るはず。

2着のネロも、ここが最大目標だろう。その前走は57・5キロで、勝ったプリンセスムーンとは4・5キロ差あった。それが縮まるだけに、今回はネロが優勢とも取れる。鉄砲が利くのもいいしね」(関西記者)

と関西馬有利を唱える。ただ、このあたりだと人気上位ばかり。穴馬候補はいないのだろうか。

「アースソニックは近走不振だが、力負けをしているわけではない。前走もデキが悪かったのではなく、馬場や展開などが合わなかっただけで力負けでは無い。

アイビスSDはここ2年ともに3着と好走しているようにコース適性は高いし、陣営も相性のいいココを狙ってきているはず。ローテーションも近2年と同じで函館SSからの臨戦。ここへ向けての仕上げ方は分かっている」(栗東関係者)

と、リピーターのアースソニックを挙げる。

またアイビスSDは、夏の重賞らしく牝馬が強い。そこで牝馬の穴馬を挙げる関係者も。

「ここ10年で7回牝馬が勝っていますし、結構条件クラスの馬も勝っていますよ。この傾向から推したいのがハッシュです。2走前に直線コースを勝っていますし、前走は1600万のテレビユー福島賞で2着。去年のアイビスSDで穴をあけた(2着)シンボリディスコも、テレビユー福島賞3着からの臨戦でしたから、ローテも悪くないと思います」(競馬ライター)

ベルカントを中心に、ネロ、プリンセスムーンの3頭に人気が集まりそうだが、5番人気以下の馬が一頭は馬券圏内に入るケースの多いアイビスSD。その一頭には、アースソニック、ハッシュの2頭を候補に奨めておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

 

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line