協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. ハイレベル世代は短距離も強い! 3歳馬に勢い感じるキーンランドC
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年08月21日(日)更新

ハイレベル世代は短距離も強い! 3歳馬に勢い感じるキーンランドC

サマースプリントシリーズの後半戦であり、スプリンターズSへ向けてのステップレースとしての意味もあるキーンランドCは、非常に重要性の高いレースである。

ちなみにサマースプリントシリーズの第一戦函館SSは、ソルヴェイグ、シュウジの3歳馬がワンツー。この2頭が出走してくることもあり、まずは3歳馬の評判を聞いてみたい。

「ソルヴェイグは函館SSから間隔を開けているので疲れもなく、以前の好調を持続している。ここ3戦でフィリーズレビューを含む重賞2勝で、波乱も起こしてきたが、さすがに今回は上位人気になるだろう。斤量が50から52と2キロ増えるが、この程度の斤量増なら心配は要らない。今回も好勝負になるんじゃないかと見ている。

その函館SSで惜しくもハナ差で敗れたシュウジだけど、今回はモレイラが乗ってくるというのだから本気度は前走以上。皆が思っていたことだが、1200mへの距離短縮で変身したように、やはり距離は短いほうがいい。逆転の可能性は高いと見ているよ。

函館SS以外の3歳馬では、ブランボヌールに目が行く。NHKマイルCは、デビュー以来最低の馬体重で決して状態がいいとは思えなかったが、それでも勝ったメジャーエンブレムから0・3秒差だから、能力は見せた。休ませて馬体も回復傾向にあるようだし、洋芝は新馬、函館2歳Sと2連勝。前走のマイルよりも1200mのほうがいいタイプだから、1年ぶりの重賞勝ちもあるよ」(関西専門紙元記者)

と3歳有力馬の評価はどれも高いが、特にシュウジ、ブランボヌールは買いたくなる話だ。

それでは古馬勢はどうなのか。

「函館SS組が結構出てくるが、やはり上位馬がいいね。3着だったレッツゴードンキは、1200mで折り合いを気にしなくなったのが良かったか、成績だけでなく馬の雰囲気も良くなってきたって話だ。桜花賞を勝っているように能力は一級品だから、1200mにも慣れて来てソロソロ頭をとってもいいのでは。

4着だったのがアクティブミノル。その前走はハナに行きたかったのだが、他が速く好位追走の形。それでも大崩れしなかった。以前は逃げられないと脆かったが、高松宮記念でも好位から伸びて4着に入っているように、精神的な成長が大きい。一叩きされた今回は本命、と言いたいところだが、58キロの斤量は少々不安。3歳勢は軽いからなあ。

不安があるのは、函館SSで1番人気を裏切ったオメガヴェンデッタも。巻き返しを期したUHB賞も4着と、この馬の力と相手関係を考えたら物足りない。馬体が増えて緩さも感じられたので、これがどこまで絞れるかが鍵だね。陣営近くからは、『1200mは忙しい』という話も聞こえており、ベストは1400かな」(北海道在住記者)

と、古馬勢はレッツゴードンキこそいいものの、3歳勢のような威勢は感じられない。

現状の話をまとめた感じでは3歳馬優勢。馬券も、3歳馬を中心に展開してみてはいかがだろうか。

なお近年のスプリンターズSは近7回のうち6回は、キーンランドC上位馬が馬券に絡んでおり、中にはドリームバレンチノ、ウキヨノカゼ(ともに9番人気3着)のような穴馬もいる。先のGⅠで儲けるためにも、各馬のレース内容もしっかりチェックしておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line