協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 早くもライバル2頭が対決のローズS
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年09月11日(日)更新

早くもライバル2頭が対決のローズS

秋のGⅠトライアル戦は、春のクラシック活躍馬対上がり馬の力関係の見極めがメインとなるが、1週前に行われた紫苑Sが重賞格上げになったことで、そちらに上がり馬の多くが出走。

その結果、ローズSは春の主役の2頭、桜花賞馬ジュエラー対オークス馬シンハライトの対決が、前哨戦からメインとなりそうだ。

お互いの対戦成績は1勝1敗。チューリップ賞ではシンハライトが相手にハナ差勝ちしたが、桜花賞ではジュエラーがハナ差勝ちと、戦いはまさに5分。この秋が決着の舞台となる。

しかし今回は、あくまでトライアル戦。2頭ともにピークは秋華賞と考えるのが当然で、どこまで仕上げてくるかがポイントになる。そのあたりを関西の記者に聞いてみた。

「もちろん、ここで全力投球をしてくるわけはないが、だからといってGⅠ馬が恥ずかしい競馬もできないから、それなりの仕上げはしてくる。

それは調教にも出ていて、全体時計は早くないが、終いはしっかり脚を伸ばしている。これは1週前だから、直前はもっと出してくるだろう。

2頭で心配になのは、骨折明けになるジュエラーのほう。骨折の影響は調教からは見られないが、それでも故障明けだから、幾分ジュエラーのほうが試走の意味あいは大きいだろう」

と2頭ともに順調も、そこは叩き台のレース。特に故障明けのジュエラーのほうが、より慎重なレースになりそうな気はする。

この2頭に比べると、他は実績に大きな差がある。一応、これを追う形になるのは、2頭に続いて桜花賞3着になるアットザシーサイドか。

「オークスはプラス8キロだが、それでもデビュー時に比べると馬体重は落ちており、春は線が細かった。陣営の話だと、夏を越えて馬はだいぶ良くなってきたようだ。オークスは距離も長かったので、今回の距離はいい」

アットザシーサイドのように、オークスは距離が長かったという話は他陣営からも出ている。

「レッドアヴァンセも、オークスは距離が合わなかった。兄がリディル、クラレント、サトノルパンでは当然だよ。また押せ押せで状態も良くなかったしね。デキが上がっていれば、上位に食い込んでもいい」

未勝利戦、エルフィンSを連勝した頃は、クラシック候補上位の評価もあった馬。それが馬体減に悩まされたり、距離不安のレースに出たりで成績が安定しなかったが、これらが改善されれば、2強に迫る可能性もある。

シンハライト、ジュエラーの2頭が抜けているイメージの強いローズSだが、オークス時より条件が良くなったアットザシーサイドとレッドアヴァンセがどこまで食い込めるのか。それとも2強が、春に続いてトライアル戦から激闘を演じるのか。

馬券的には、他馬の食い込みを期待したいが、紫苑Sでオークス3着のビッシュが圧勝したことから、秋華賞の盛り上がりを考えると、2強対決で決まる形もいいのかもしれない。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line