協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 2強対決の菊花賞。穴馬の台頭はあるのか
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年10月16日(日)更新

2強対決の菊花賞。穴馬の台頭はあるのか

今年の皐月賞とダービーの上位5頭は、着順は違えど同じ馬が入った。中でも皐月賞、ダービーの上位3頭のマカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティは、今年の3歳世代の3強と呼ぶ声も多い。そのうちマカヒキは海外遠征したため、菊花賞はディーマジェスティ、サトノダイヤモンドの2強対決という見方が早くからあった。

この2頭の秋初戦は、ディーマジェスティがセントライト記念、サトノダイヤモンドが神戸新聞杯とともに分かれて出走。お互い派手な内容ではなかったものの、しっかり勝利をものにして本番菊花賞を迎えたため、2強対決の雰囲気は更に強くなっている。やはり、この2頭で菊花賞は堅いのか。

「ディーマジェスティのセントライト記念は差こそ少なかったですが、一番外を回って他馬を捻じ伏せるように差し切る横綱相撲で、着差以上の強さを感じました。能力は皐月賞、ダービーで分かっていますから、今更確認する必要はありません。 

問題は体質の弱さ。皐月賞の後に疲れが出て、ダービーは出走回避の噂がトレセンで飛び交ったほどですからね。ホープフルSのときも直前で取り消したように、もともと体質は強くありません。間隔も新馬から未勝利戦こそ中3週ですが、他は中6週以上開けています。今回は中3週ですから、そのあたりが心配ですね。ただ追い切りを見る限りは、大丈夫だとは思いますが」(競馬雑誌記者)

能力も高いうえに、血統的にも母系がスタミナ系のため3000mはドンと来いのタイプで問題なし。やはり不安は体質だけのようだ。こればかりは調教で判断するしかなさそうだが、現状は大丈夫とのこと。あとは最終調教と、当日のパドックで判断したい。

対するサトノダイヤモンドはどうか。

「神戸新聞杯は急仕上げだったが、稽古では速い上がりも出ていたので、レースに行けば心配ないと思っていたよ。それでもミッキーロケットに一瞬交わされそうになったのは、やはり久々のぶんがあったと思う。

その後は、この一戦を叩いて順調によくなっているよ。1週前はCWで上がり11秒5をマーク。併せたサトノラーゼンを一瞬のうちに突き放し、ダービー時のデキに戻りつつある。3000mは合っているとは思わないが、とにかく能力が段違いだから、今度こそ勝てると思う」(関西記者)

ここまで皐月賞3着、ダービー2着とGⅠは勝っていないのだが、それでも今年の3歳では一番と評価する関係者が多いのも事実。その評価に見合った結果が、ついに訪れるのだろうか。

どうも2強で堅いような気がするのだが、他のライバルの中で、2強に食い込めそうな馬はいないのか。

気になるのは皐月賞、ダービーともに4着のエアスピネルだが。

「陣営は強気な姿勢を崩していないが、周囲の関係者は疑問を持っている人が多いね。まず神戸新聞杯の内容が不満なこと。武豊騎手が後方で折り合いに専念していたのは、恐らく菊花賞を想定していたものだろう。でも、あそこまで控えるとなると、やはり距離延長に不安を持っているとしか思えない。更に、いい手応えで上がっていきながら、最後に伸びなかったところにも距離不安を感じる。ダービー4着といっても、武豊騎手がこれ以上ないくらいの神騎乗を見せての結果だし、最後は一気に外の3頭に交わされてしまった。ただでさえ2強に連敗しているのに、距離延長で逆転するイメージが無いな。

それなら同厩舎のレッドエルディストのほうが面白い。神戸新聞杯は久々ながら3着に入線と、春よりも力をつけたイメージだ。距離延長はプラスだし、叩いた効果もある。その部分は陣営も認めているし、大レースに強い四位騎手の手綱さばきも、長距離戦で更に冴えると思うよ」(関西記者)

とエアスピネルを聞いたつもりが、レッドエルディストの話で締めくくられてしまった。それだけレッドエルディストがいいのだろう。

また、別の記者からは、こんな話も聞いた。

「最近の菊花賞は3~4コーナーで内目を進出してきた馬が穴をあけるケースが多い。昨年の勝ち馬キタサンブラック、一昨年ワンツーのトーホウジャッカル、サウンズオブアース、2年前2着のサトノノブレスもそんなレースだった。だから内枠を引いた馬は要注意だよ。現時点で枠は分からないので、そんなレースができそうなタイプとして挙げたいのは3頭。

ウムブルフは、2連勝がともに早めに仕掛けての楽勝劇。元よりスタミナ色の強い母系で、春から『菊花賞なら面白い』と言われてきた馬だからね。堀厩舎の馬は成長すると、どこが天井か分からないほど伸びるから、2強にとって脅威だよ。

ジュンヴァルカンも同様、これも『菊花賞なら』と言われてきた馬。切れる脚は無いものの、長くいい脚を使えるので確かに菊花賞向きだ。前走の阪神戦は好タイムで楽勝。あの時計を持っていれば、最近の時計の速い菊花賞にも対応できる。アクシデントで神戸新聞杯を叩けなかったのは痛いが、そのぶん人気が落ちると考えればいいか。

もう一頭挙げておきたいのはカフジプリンス。ここ2戦は後方からの競馬で、これだと最近の菊花賞では上位に届かないが、鞍上は岩田騎手。一時の不調を脱したのか、最近はローズSのクロコスミア、京都大賞典のアドマイヤデウスと好騎乗を見せている。カフジプリンスもスタミナは十分あるので、岩田騎手が一昨年のサトノノブレスで見せた騎乗をやってくれると、馬券圏内に入ってくる可能性はある」

穴馬を探しても3着候補のイメージが強いが、サトノダイヤモンドとディーマジェステイが変に意識しあって仕掛けが遅れれば、内を回って先に進出した馬が粘る可能性もある。3着狙いでは穴にならないが、思い切って2強に割って入る馬券(1着、2着)で狙うなら、ウムブルフ、ジュンヴァルカン、カフジプリンスを勝負馬券としてお奨めしたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line