協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 混戦に断! 世代最強を証明するサトノアーサー

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年01月29日(日)更新

混戦に断! 世代最強を証明するサトノアーサー

最強世代と呼ばれた昨年の反動か、今世代の牡馬は例年に比べてレベルが落ちるという評価をよく耳にする。

3戦無敗でホープフルSを勝ったレイデオロがクラシックに最も近いとは言われているが、倒した相手は決して強い馬とは思えず、時計、勝ち方を見ても圧倒的な強さとは言い難い。

ただ他を見ても、重賞2連勝のブレスジャーニーは、父(バトルプラン)への不安が付きまとい、京都2歳S勝ち馬カデナは2度も牝馬に敗れているなど物足りない面もある。やはり抜けた馬はいないのか。

そんな混戦の牡馬クラシック戦線に核となる馬が、きさらぎ賞より出現する雰囲気である。

それがデビューから2戦2勝のサトノアーサーだ。

「ノーザンF生産のディープインパクト産駒。セレクトセールで2億円を超える高額で里見さんが落札し、池江厩舎に所属。このあたりはサトノダイヤモンドと同じだから、当然のようにデビュー前から高い評判になっていた。

実際に稽古を見たけど、豪快なフットワークと後肢のバネを見ただけで、ちょっとモノが違うなあって感じたね。だから新馬戦でようやく同着に持ち込んだ競馬を見た時は、あまりの期待外れにビックリしたけど、2戦目を見て納得。

速い時計が出ない12月の阪神開催で、上がり32秒7をマーク。これは古馬でも出せない時計だから、末の破壊力は抜きんでている。

今年の明け3歳馬は決め手のある馬がいないから、サトノアーサーは頭一つ抜けているんじゃいかな。1週前の稽古も最後の伸びが秀逸で、陣営も『これで最後(最終調教)は流す程度でいい』と納得するもの。

放牧先から帰ってきて『さらに成長している』と話しているから、前走以上の競馬も期待できるね。ただ今回の相手なら、前走並の競馬でも楽に勝てるだろうけど」(関西記者)

と陣営も記者自身も、サトノアーサーにかなり自信を持っている模様。確かに前走の上がり32秒7は、古馬も含めてオーバーシードの阪神のレコード。それも鞍上がいっぱいに追わずに出したのだから、ポテンシャルの高さは測り知れない。

レイデオロ、ブレスジャーニーといったクラシック候補がいないここは、あっさり勝ち上がりそうな雰囲気。むしろ相手は、昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドで、同馬以上のインパクトを残せるかといったところだ。

では馬券の相手はどのあたりが候補なのか。実は先の記者は、サトノアーサー断然と言っておきながら、馬券はコチラが面白いという。

「抜けて強いのはサトノアーサーだが、競馬は一番強い馬が必ず勝つわけではない。展開のアヤなどで、まさかの決着だってある。そこで面白いのはタガノアシュラ。

ここまで4戦2勝で、負けた二つは大敗と安定感はないが、逃げたレースは2戦2勝で、どちらも楽勝なんだよ。前走の朝日杯は内枠を引いたので逃げると思われたが、鞍上の武豊騎手は待機策。

将来を考えての騎乗だろうが、関係者の中にはガッカリした人もいたようだよ。ただ武豊騎手に『逃げてくれ』なんて指示は出せないからね。

でも今回は岩田騎手に乗り替わるから、思い切った騎乗に出る可能性はある。サトノアーサーは先を考えて、逃げた馬を早めにマークなんて競馬はしないだろうし、他馬もサトノアーサーを見ながらの競馬になるから、前が早くなるとは思えない。

黄菊賞同様、大逃げをした割にはペースは速くないという流れになれば、あれよあれよの逃げ切りもあるかも」と岩田騎手の積極騎乗に期待を寄せる。

サトノアーサー逆転は難しいが、2着ならこの馬と挙がる声が多いのはプラチナヴォイスだ。

「未勝利戦をレコード勝ちし、萩Sでは良血のクラシック候補ヴァナヘイムを破る大殊勲。その2連勝がウソのように京都2歳Sは惨敗しましたが、この時は不利を受けて、最後は内にモタれるなど競馬になっておらず、能力で負けたわけではありません。

きさらぎ賞は2連勝したレースと同じ京都の芝1800m戦と絶好の舞台。これに合わせ仕上げも急ピッチに進み、1週前にはCWで猛時計を出しました。

切れるタイプではなく、サトノアーサーには負けてしまいそうですが、2着なら堅いのでは」(競馬専門誌ライター)

打倒サトノアーサーなら展開の利でタガノアシュラ、サトノアーサーの2着狙いならプラチナヴォイスというのが現場記者の推奨だが、いずれにしても主役はサトノアーサー。

昨秋にGⅠを4勝した好調里見氏が、勢いに乗って皐月賞、そしてダービーと勝ち進むのか。その可能性は、きさらぎ賞で見えてくる。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line