協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 今年は牝馬が最強世代! 豪華メンバーのクイーンC

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年02月05日(日)更新

今年は牝馬が最強世代! 豪華メンバーのクイーンC

今週は、マカヒキの復帰戦となる京都記念に話題が集中しているようだが、「通」だったらクイーンCに興味を持つのでは。

それほど今年の3歳牝馬、そしてクイーンCのメンバーはハイレベルと評判だ。

「去年は牡馬が最強レベルと言われたが、その反動か今年の牡馬は物足りない。それに比べ、牝馬は質量ともに豊富だね。阪神JFのレベルが、朝日杯FSの上を行っているというのは多くの関係者の共通認識だが、それ以外の路線にも注目牝馬はたくさんいる。今年に入って頭角を現した寒竹賞のホウオウパフューム、先日の新馬戦で大楽勝したファンディーナもともに牝馬。牝馬クラシックは大変なことになるよ」

と話すのは、関西の競馬記者。このクイーンCにも、関西の大物が出走するようだ。

「格的には当然レーヌミノルだよね。小倉2歳Sでは、レース史上に残る強さで圧勝。京王杯では、後に朝日杯で連対するモンドキャンノと好勝負(2着)し、阪神JFでもソウルスターリング、リスグラシューに続く3着。馬場の違いはあるが、朝日杯なら勝っていた時計だし、今年の阪神JFのレベルを考えれば内容はかなり濃いものだよ。1週前に坂路で52秒0-11秒8をマークし、仕上がりに不安は無し。前走以上の競馬も期待できるよ。

本来ならレーヌミノルで断然なんだけど、そうならないのが今年の3歳牝馬の凄いところ。もしかしたら阪神JFの1、2着馬すら超える可能性を持つのがアドマイヤミヤビさ。

ここまで重賞を使っていないので、この馬の正体を知らないファンもいるかもしれないが、前走の百日草特別は極上の内容だった。牡馬を相手に捻じ伏せるような内容で完勝。破った相手は、次戦で京都2歳Sを勝つカデナ、ひいらぎ賞で好素質のウインブライトを一蹴したアウトライアーズだから、中味は重賞級と考えていいよ。

2週前の調教ではダービー馬マカヒキと併せ、全くヒケを取らない内容でフィニッシュ。正直言って、牡馬クラシックに出しても上位争いできる馬だと思う。

マイル戦に少々不安もあるけど、そこは能力でカバー。現状は、桜花賞と言うよりオークス候補の筆頭だ」

格ではレーヌミノルだが、この記者はそれ以上にアドマイヤミヤビを絶賛する。

対する関東勢も負けていない。

「関東は無敗の3連勝ソウルスターリングがトップですが、これを追撃する馬が出てきますよ。

まずはフローレスマジック。アルテミスSではリスグラシュー(阪神JF2着)を相手に半馬身差2着。完成度を考えると大健闘だったと思います。そこで馬体減が目立ったので、成長を考えて休養。おかげで大分馬もしっかりしてきています。

全姉はラキシス(エリザベス女王杯)、全兄にサトノアラジン(重賞2勝)がおり、成長力のある一族。真価を発揮するのはこれからです。

そして不気味なのがハナレイムーン。タレント揃いの堀厩舎の中でも、今世代で特に期待されていた馬です。飼い葉食いが細く、新馬戦は稽古量も足りない感じでしたが、それでいて最後の2Fを11秒1-11秒3の高速ラップを差し切ったのだから相当な能力の持ち主です。相変わらず飼い葉食いが細く馬体も小さいですが、素質でカバーできると見ています」(競馬専門誌記者)

阪神JF1、2着馬や、朝日杯挑戦のミスエルテ、そして先に出たホウオウパフューム、ファンディーナを欠いているというのに、「例年以上のメンバー」という今年のクイーンC。果たして本番のクラシックはどんな凄いレースになるのか。

その前のクイーンCで、重賞未経験のアドマイヤミヤビ、ハナレイムーンが牝馬戦線でどのあたりに位置する馬なのか、確認をしておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line