協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 阪神大賞典、サトノダイヤモンド逆転は、この馬しかいない
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年03月12日(日)更新

阪神大賞典、サトノダイヤモンド逆転は、この馬しかいない

阪神大賞典は3000mという距離もあって頭数が揃いにくいうえ、天皇賞・春の前哨戦のためGⅠ級の大物が出てくることも多く、馬券的には堅い決着が目立つ。

ただ5年前には、単勝1・1倍のオルフェーヴルが大きく逸走し、2着に敗れる波乱もあった。果たして今年は?

関係者に話を聞くと、「今年も堅いんじゃないの」という意見が多く聞かれる。それはサトノダイヤモンドの存在があるからだ。

「デビュー時から3連勝してクラシックの最有力と見られた反面、馬体なんかを見ていると未完成の部分も多く、皐月賞までは調教でも物足りないところが多かった。

でもダービーあたりから馬ができあがってきて、昨秋になると更に良くなっていた。苦戦した神戸新聞杯では折り合いに難しいところを見せ、更に距離が延びる菊花賞へ向けて不安もあったけど、いざレースでは問題なく楽勝。

そして有馬記念でも、測ったようにキタサンブラックを差し切りGⅠを2連勝。昨春のような頼りないところがなくなったね。

秋初戦の神戸新聞杯で苦戦したので、今回も休養明けを不安視する人もいるようだが、昨秋は爪の不安でトライアルは使えないなんて噂もあり急仕上げの出走。今回は順調に来ているから大丈夫だよ」(関西記者)

やはりサトノダイヤモンドは、その名の通りガチガチに堅いのか?

そんな見方を危険視する関係者もいる。

「本当にサトノダイヤモンドに3000mの適性があるのでしょうか?確かに菊花賞は楽勝でしたが、2着馬は春にマイル路線を走っていたレインボーライン、3着は現在マイル路線を走っているエアスピネル。それらを相手に3000mで楽勝しても、それでステイヤーとは言えないような気がします。

そもそも有馬記念も勝ったとはいえ、ゴール前寸前で差し切り。一時はゴールドアクターも交わせず3着かも?って場面もありました。しかも斤量は2キロ差。このことから、上の世代との決着はまだついていないのでは。

そう考えると、シュヴァルグランのほうが有力だと思います。昨年の阪神大賞典では、まるで調教のような大楽勝。天皇賞・春も、前有利のレースでキタサンブラック、カレンミロテイックに及びませんでしたが、狭いところから抜け出しての3着入線を見ると、内容は上位2頭に負けていませんでした。

このように3000m超ではかなり強い馬。他の路線ではサトノダイヤモンドの末脚にやられてしまうと思いますが、3000m超なら勝てる可能性はあります」(競馬専門誌記者)

この意見に代表されるように、打倒サトノダイヤモンドの一番手には、シュヴァルグランを挙げる関係者は多い。

ただ、この2頭では配当が全く望めないので、他に魅力のある馬を見つけたい。そこで挙がったのがレーヴミストラルである。

「一発狙うなら、レーヴミストラルしかない。ここ3戦は12、10、10着と終わったような着順。ただ4走前の日経新春杯では、シュヴァルグランを並ぶ間もなく差し切り、圧倒的な差を見せつけて勝っている。

このレースが強すぎた反動か、次のレースで惨敗。もともと体質の弱いところがあるから、一発屋なんだと思うよ。

休養明けの前走は馬体重が増えすぎており、大敗は仕方のないところ。これを叩いた効果か、1週前にはCWで5F63秒台の速い時計が出たように、かなり馬は良くなっている。シュヴァルグランが有力なら、日経新春杯で圧倒したレーヴミストラルを狙う手もあると思う」(栗東トレセン関係者)

阪神大賞典は、例年通り堅く収まる可能性が高いようだが、一発狙うならシュヴァルグラン、レーヴミストラルを頭で狙うのも一考だ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line