協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 流れが遅すぎた新潟2歳S
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年08月31日(木)更新

流れが遅すぎた新潟2歳S

想定外の超スローだったか。ワンツースリーは3,5,2番人気だから、そこは大きく狂ったわけではないが、ラスト2F10秒4→11秒2で上がりが33秒0とは。これでは前が残ってしまう。

新潟2歳Sを制したフロンティアは、デビューのやや重・中京マイルを逃げ切ったラップがラスト2F11秒1→11秒2。Vタイムはスローのため平凡だが、運良く同じような流れになって、瞬発力比べを制したことになる。それとケイバがよくわかっている馬だ。好センスは高く評価できるだろう。

上位3頭から4馬身も引き離された4着以下は少々だらしないが、そんな中で4角12番手から6着に追い上げたオーデットエールの次走は楽しみだ。ただ、来春のクラシック云々のレベルとはお世辞にも云えない。

秋ケイバに入ってどんな好素材が現れるか。距離的には今週の札幌2歳Sにも注目してみたい。オルフェーヴル産駒の2騎が注目のターゲット。キングカメハメハ産駒が好データ。となればルーラーシップ産駒のシスターフラッグ、ディバインブリーズからも目が離せない?

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line