協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 【秋華賞】終わってみれば、クラシック上位組
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年10月18日(水)更新

【秋華賞】終わってみれば、クラシック上位組

 

 秋華賞はアっという間に重馬場に変わった。終わってみれば、春のクラシックで上位入線を果たしたディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンによるワンツースリー。仮に良馬場だったら、4番ラビットランもV争いに加わっただろう。

 本命馬不在(1番人気アエロリットで3.6倍)で軸選びが難しかった。オッズ10倍以下に6頭がひしめく混戦ムード。オッズ10倍以下に6頭がひしめく混戦ムード。そのわりに、配当的に平穏に収まったのも頷ける。

 時計2つ以上かかる馬場レベルで、スピード上位アエロリット、瞬発力上位ラビットランは苦しんだ。せめて10F1分58秒台の馬場なら結果も違った。

 今週、関西の天候も微妙。やはりパンとした良馬場で雌雄を決してほしい。ひとまず4強の予想。ミッキースワロー、アルアイン、キセキ、サトノアーサー。 伏兵はダンビュライト、トリコロールブルーあたり。一荒れあってもおかしくない。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line