協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 【根岸S&シルクロードS】本番でも楽しみな勝ちっぷり
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年01月31日(水)更新

【根岸S&シルクロードS】本番でも楽しみな勝ちっぷり

 シルクロードSは57キロ。ファインニードル、58キロセイウンコウセイの重賞組がワンツー。全く思惑が外れた格好になった。

 インの好位をスムーズに運んだファインは理想的な展開とは云え、2着に2馬身差は力の違い。文句なしの完勝劇で、このレースに限って云えば一頭抜けていたことになる。

 ファイン以外は横一線。ほかからの参戦もある高松宮記念はまだまだ予断は許さない。

 府中の根岸Sはノンコノユメ、サンライズノヴァのマッチレースのような形になった。ワンツースリーの各馬は上がり34秒台。レコード決着で、まさにキレ比べだった。

 とりわけ、ノンコノユメは58キロで最速34秒2。1F短いと思われただけに、このパフォーマンスは大したもの。6歳ながらまだ20戦しか走っていないので、馬は若い。ベストのマイル(フェブラリーS)で大きく弾けてきそうだ。

 もちろん、サンライズノヴァもタイム差なしの好内容。カフジテイクは少し離されての入線。もう少しキレても良かった。GIでは評価を一枚下げるのが妥当か。

 それよりも今週はきさらぎ賞が楽しみ。大物感たっぷりのダノンマジェスティにワクワク感あり。圧勝なら先行ダノンプレミアム、ワグネリアンを追うクラシック候補へ。必見だろう。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line