協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 【フィリーズR】予断を許さぬ桜戦線
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年03月13日(火)更新

【フィリーズR】予断を許さぬ桜戦線

フィリーズレビューは○◎でズバッと決めた。紙面では○◎▲△の入線。3連単も5万6610円的中なら良しとすべしだろう。

本番では勝ち馬よりも上がりで上回った2着アンコールプリュをマークしたい。

これで桜冠争いは出揃った。ラッキーライラックの堅軸ムードだが、シンザン記念を完勝したアーモンドアイも強いし、プリモシーンなどディープ産駒も虎視眈々。まだまだ予断許さじ、と見ている。

一方、金鯱賞ではスワーヴリチャードが力を示した。前半抑えこむのに苦労していたが、ラストはきっちり脚を伸ばして差し切り。

注目のサトノダイヤモンドはスムーズに折り合ってラスト1Fを切ってからシャープに伸びるも3着。これを使ってどれだけ上積みがあるかだろう。

脚は見せたが現役最強の座は預かりのまま。GIの大半が直線400m超コース。自身の上がりもさることながら、レースのラスト2Fラップ理論を強調していきたい。今後も。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line