協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 【ユニコーンS】能力が反映される流れで世代最強を証明!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年06月20日(水)更新

【ユニコーンS】能力が反映される流れで世代最強を証明!

期待通り、ユニコーンSのルヴァンスレーヴが強かった。

前4F47秒1→後4F47秒9。平均ラップだ。すなわち、ほぼ能力が結果に反映されるパターン。早めに動いて2着に3馬身1/2差は文字通り力の違い。突出した能力を感じるし、時計も上々だ。このまま順調なら世代トップ級は間違いない。中央GⅠ、交流GⅠを席巻してもおかしくない逸材だろう。

ルヴァンスが強すぎたので、2着以下は評価が難しい。コマビショウもグリム、ハーベストムーンも期待外れ。3着エングローサー、6着トキノパイレーツあたりをマークした方が得策かもしれない。

今週は、上半期を締め括る宝塚記念。

上がりが全て35秒超。これはゴマカシが利かない証。中距離の能力優劣はいわば「コンプライアンス」。変な穴馬を狙う必要はない。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line