協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 先々も楽しみな2歳一番星 ブランボヌール
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2015年07月29日(水)更新

先々も楽しみな2歳一番星 ブランボヌール

函館2歳Sは◎ブランボヌールの圧倒Vで3連単(3万4290円)が的中。ハイラップについていけるスピードと瞬発力レベルの高さを感じていたので、まずは順当なVゴール。

考えていた以上の強さは2着に31/2差が示す通り。楽しみな好素材が出現した。

少なくともマイルまではOK。次は阪神JFか、その前に何かを挟むかだろうが、どこに出走しても注目を集めるのは必至。

同日12Rの古馬1000万下が6F1分10秒4。500万下が1分10秒8だから上々のVタイム。

一方、中京記念はスマートオリオンがオープンに続いてGⅢV2を飾った。

マイルを走っていなかったので評価は上がらなかったが、前後4F46秒4⇒47秒0に正攻法の②③③で堂々の押し切り。今がピークかもしれない。ハンデ57キロを嫌ったのが間違いだった。

カレンブラックヒルはやはり58.5キロが厳しかったようで、57.5キロのレッドアリオンともども馬群に沈んだ。

今週は夏の風物詩アイビスサマーダッシュ(新潟直1000M)が面白い。走り慣れたセイコーライコウ、アースソニック、リトルゲルダも安心できない。

スプリント戦であっても、微妙な駆け引きがある。一瞬の脚を生かす伏兵に注目したい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line