協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 納得のフィナーレを飾ったゴールドアクター
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2015年12月28日(月)更新

納得のフィナーレを飾ったゴールドアクター

フルゲート60席に80人が参加したプライベート『有馬記念前夜祭』。

2015年を締めくくるに過去最高のフィーバーとなった。目玉がラジオNIKKEIの佐藤泉アナによる「仮想グランプリ実況」。

過去のDVDを使い、店で用意した大観衆の声、騒音にファンファーレ。ライブ感たっぷりの中で名調子が参加者をうまく乗せていく。さすがにプロは違う。素晴らしい。

グッズも大スポ記者が頑張って厩舎関係者から集めてくれて、満足頂けたかな、と思う。

競馬JAPANからも身に余る配慮をいただき、心より感謝申し上げたい。

そして肝心の有馬記念も紙面で◎△で的中。先々週の朝日杯FS◎○に続いて、良い終わり方だった。

◎ゴールドアクターはほぼ私が描いていた通りの展開。とにかく競馬センスが超抜。近走から上がりの速い競馬にも対応できるまでに成長している確信もあった。

ジョッキーがヘマでもしない限り、好勝負になると十分な手応えを感じての◎決断で、参加者にも伝わったのではないか。

京大の守山君と大スポのホープ明石記者の仕切りも上手で、大いに助けられた。

2016年は好発進といきたい。まずは東西金杯だ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line