協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. きさらぎ賞は牡馬4強の一角サトノD
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年02月04日(木)更新

きさらぎ賞は牡馬4強の一角サトノD

シルクロードSで人気を集めたビッグアーサーは5着。

結果的に大外枠がこたえた。上位4頭は4角最内が3頭。大外を回して伸びてはきたが、コーナーロスは小さくなかったということ。

前3F33秒7→上がり34秒2では前が止まらない。それにしてもVゴールを刻んだダンスディレクターは鮮やか。6歳でもキレ味を増した印象。

次走注目は芝2走目のヒルノデイバロー。4角シンガリからの最速上がり。サトノルパンにコンマ1秒差なら上等。

さて今週はクラシックにつながるGIIIきさらぎ賞が見モノ。今年も好素材が揃った。

中でもやはりサトノダイヤモンド。V2がともにラスト1Fが速い加速ラップ。しかも重、稍重での11秒5、11秒3は目立つ。

現状、牡馬の4強はリオンディーズ、ハートレー、マカヒキとこのサトノだろう。

3頭がディープインパクト産駒。良馬場でどれくらいの瞬発力を見せるか。3馬身ほど突き抜ければ本物だ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line