協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 例年以上にハイレベルな3歳クラシック戦線
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年03月08日(火)更新

例年以上にハイレベルな3歳クラシック戦線

チューリップ賞、弥生賞を終えて、春クラシック戦線がかなりハッキリしてきた。

桜はクイーンC圧勝のメジャーエンブレム中心は動かし難いのが実情。

ただ、チューリップ賞のワンツー、シンハライトとジュエラーもマイル1分32秒8。上がり33秒0をたたき出して能力をアピール。

メジャーが的になる脚質だけに、流れ次第で差し込むチャンスが生まれそう。今年の3歳は牝馬レベルも高い可能性がある。

今週のフィリーズR組ではよほどのラップを刻まなければ、本番の上位は狙えまい。

一方、牡馬も後に控えるトライアル、前哨戦もあるが、力関係は見えたのではないか。

確信の◎を打ったマカヒキが若駒Sの上がり32秒6どおりの瞬発力でリオンディーズを差し切った。

恐るべきラストの脚。例年なら3着エアスピネルのレベルでも主役を張れるのだが、今のところ今年は一味違う、の印象だ。

気温上昇とともにGIの蹄音が少しずつ近づいてきた。とりわけ、無敗対決の皐月賞。ゾクゾクとするような攻防を見せてほしい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line