協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. シナリオ通りに収まったラジオNIKKEI賞
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年07月04日(月)更新

シナリオ通りに収まったラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞はハンデ頭ブラックスピネルの取捨をポイントに考えた。

結果、バッサリと切り捨て紙面で◎★△、当サイトで◎▲△で3連単6万7000円超が的中。

昨年ハンデ頭で圧勝したアンビシャスとブラックスピネルを比べたとき、ブラックの57キロは見込まれ過ぎと感じていた。

むしろ掲示板ゲットは上出来ではないか。

データ通り、前後4Fは47.2→47.4。ブレのないラップ構成。内枠でうまくタメて運んだゼーヴィント。

私のシナリオに狂いはなかった。配当もこれぐらいが手頃。

やたら穴狙いに走っても仕方がない。まずはミート。

あと、どこまで打球が伸びるか。狙い通りという意味で、私にとっては満足のレース。2着ダイワドレッサーがよく頑張った。

サマーシリーズをうまく乗り切って、いい形で秋のGIシリーズを迎えたい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line