協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 前半ラップが勝敗分けた関屋記念
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年08月17日(水)更新

前半ラップが勝敗分けた関屋記念

関屋記念はV争いに指名した3頭がそのまま1~3着に入線。ただ、▲○◎となり、予想としてはやや不完全燃焼。

前後4F45.7→46.1。もう少しスローに流れるかと考えていたが、時計が0秒5ほど速くなった分、上がりが0秒5ほど余計にかかったというラップ構成だった。

早めに動いたダノンリバティ、好位一伸びでこれを捉えたヤングマンパワーに対してマジックタイムは4角14番手からの外伸び。

最速上がり33秒1を叩き出しながらも馬券圏内が精一杯。まだ本調子でない中でベストのパフォーマンスだろう。

今週はGII札幌記念で、GIモーリス、ヌーヴォレコルトが対決する。ともに洋芝が未知数。

とりわけ注目はモーリス。現役NO1マイラーが初の10Fでも存在感を見せつけるか否か。

モレイラの手綱捌きと共に目が離せない。前走GI組をマークしたい。そしてGII勝ち馬優位の見方で。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line