協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 波乱演出はスローペース
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年11月16日(水)更新

波乱演出はスローペース

エ女王杯は意外な決着。勝ち馬は人気サイドのクイーンズリング。

これはMデムーロの上手さ。

2着がちょっとサプライズ。12番人気の超伏兵を2着にもってきたルメールはまた凄い。

当初から危惧していた通り、スローからの上がり比べでアッサリ沈んだ1番人気マリアライト。

これは想定内。もっと前半~中盤が流れていたら違った結果になっていたかも。

なにせ、前5F61秒8→マイル1分38秒8。後4F46秒0→34秒1→11秒4ではマリアも対応できないのがわかる。

一方、ミッキークイーンはやはり久々、中間の一頓挫が影響した。

直線に向いてからの一瞬の反応で上位2頭に見劣った。

秋ぶっつけの分、届かなかったのだが、順調だったらまとめて差し切っていた、と考えたい。

今週のマイルCSも簡単ではないが、興味はやはり次のJC。ディーマジェスティで世代間レベルを測ってみたい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line