協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 絶妙なラップ配分で勝利呼び寄せた武豊
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年11月30日(水)更新

絶妙なラップ配分で勝利呼び寄せた武豊

ビッグステージのJCを◎サウンズオブアースでなんとか的中。

何かに負けても不発のないのは予想できたが、あのラップでキタサンブラックに楽逃げされては仕方がない。

いつも運がなく2着止まりが多いサウンズだが、地力は十分に見せたといえる。

武豊の絶妙なペース配分が光った。

道中遅いハロンでも12秒5~12秒7。キタサン自身、大きくタメをつくりながら瞬発力型に速い上がりを使わせないという、これ以上の配分はないというラップ構成だろう。

これでグランプリ有馬記念は充実の古馬勢に対して3歳世代のトップとなったサトノダイヤモンドがどんなパフォーマンスで渡り合うかが最大の見どころになる。

有馬は秋二戦馬が有利。何より余力の残っている馬を優先したい。

マリアライトは馬場レベルがポイント。速い決着や速い上がりでは厳しい。

今年も開催!精鋭記者VS学生のGP予想バトル

グランプリ 有馬記念前夜祭
12月24日(土) 午後7:00~10:00
<場所>阪急豊中駅前「パブ・ベルウッド」
(電話:06-6840-0606)

参戦希望のファン大歓迎!詳細、お問い合わせは上記TELまで

<料金>食事付き&飲み放題
一般¥3,000(女性¥1,500)
学生¥2,000(女子学生¥1,500)

<プレゼント>各種競馬グッズ

<GPバーチャル実況>一流アナによる恒例イベント

<出演記者>上田、明石、石川、難波田(大阪スポーツ)、ゲスト評論家ほか

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line