協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 展開がドンピシャ噛み合ったサウンドトゥルー
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2016年12月07日(水)更新

展開がドンピシャ噛み合ったサウンドトゥルー

チャンピオンズCは、サウンドトゥルーの差しが見事に決まった。

ラスト12.3→13.0を突いて一瞬のキレ脚が嵌まった感がある。

アウォーディーの展開もスムーズだったが、流れ的にはあと一つタイミングをずらせていたら勝ち切れただろう。

ケイバはやはり脚の使いどころで大きく違う。

サウンドのジョッキーが直線だけに懸けたのが功を奏したというわけ。

ゴールドドリームはまだ経験不足。素材は一級品でも歴戦の古馬との間には壁があるというしかない。

道中、気負いも感じた。注目の1頭ノンコノユメはサウンドの少し前を追走。もっと伸びても良かった。

これでダート界は混沌。絶対王者不在のまま2017年に突入する。

今週、次週は怪物フランケル産駒が注目の的。

2歳牝馬は特にハイレベル。ソウルスターリングに人気集中ムード。逆転馬を探してみる。

今年も開催!精鋭記者VS学生のGP予想バトル

グランプリ 有馬記念前夜祭
12月24日(土) 午後7:00~10:00
<場所>阪急豊中駅前「パブ・ベルウッド」
(電話:06-6840-0606)

参戦希望のファン大歓迎!詳細、お問い合わせは上記TELまで

<料金>食事付き&飲み放題
一般¥3,000(女性¥1,500)
学生¥2,000(女子学生¥1,500)

<プレゼント>各種競馬グッズ

<GPバーチャル実況>一流アナによる恒例イベント

<出演記者>上田、明石、石川、難波田(大阪スポーツ)、ゲスト評論家ほか

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line