協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 好対照な牡牝クラシック重要TR
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年03月01日(水)更新

好対照な牡牝クラシック重要TR

クラシックの蹄音が大きくなってきた。

今週はいよいよ東西で皐月賞&桜花賞トライアル。

西のチューリップ賞は阪神JFでワンツーのソウルスターリングVSリスグラシューの再戦。

まだ、どちらともいえない力関係。後者は出負けして外々を回して最速上がりで迫った。

スムーズに運んだソウルSとの比較は極めて微妙。本番に向けて共にメイチの仕上げとはいくまいが、中身は大事。

脚の測りあいになりそうだ。

一方、牡馬戦線は混沌。昨年の同時期にはサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズという主役候補がいたが、まだそこまでのレベルが見当たらない。

ファンディーナが牡馬だったら、と考えてしまうほど。

要するに、ディープ産駒の牡馬が少々もたついているから。そういう意味で弥生賞は必見。

カデナとサトノマックスのパフォーマンスが楽しみ。

昨年マカヒキのVラップにどこまで迫れるか。そこに注目してみたい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line