協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. ダービーまで意識できるファンディーナ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年03月22日(水)更新

ダービーまで意識できるファンディーナ

注目のスプリングSで朝日杯V馬サトノアレスが敗退。

若干距離面で不安視していたとおりの結果。

だが、ラップはともかく、ダノンブライト、アウトライアーズのワンツー両馬ともにどこか物足りなさを感じてしまう。

今年の3歳牡馬のレベルはこんなものかも。となれば、先の弥生賞を制したカデナ、ぶっつけで臨むレイデオロが主役級か。

そして良条件にサトノアーサーも見直してみたい。

牡馬に比べて牝馬にはまた大物が出現。圧勝濃厚と見ていたファンディーナ。

予想はしていたが、まさにケタ違い。ほとんど馬任せで5馬身差。

桜花賞→オークス路線だろうが、桜でソウルスターリングを負かせばダービー挑戦まで見えてくるかも。

それほどのスケール感。体もあり、大事に走らせたいスーパー娘だ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line