協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 上田琢巳のラップ・トリック
  4. 予断を許さない新GI大阪杯
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年03月30日(木)更新

予断を許さない新GI大阪杯

ファンディーナが牡馬クラシックにチャレンジする。

フラワーCの勝ち方次第では皐月賞→ダービーが面白いと、私が考えていたとおり。

今年は牝馬レベルが高く、桜花賞→オークスのパターンを超えて欲しい超一流と思っていただけにこれは英断。

ラップ的にも能力の裏付けはバッチリで、仮の話だが春の内容次第で凱旋門出走の可能性もある。

いずれ、ソウルスターリングとの対決もあろうが、ファンディーナが目前の皐月賞で牡馬を蹴散らせるか否か。

今の私にとって最大の注目点。

急ごしらえのGI大阪杯も一応メンバーは揃ったが、キタサンブラックは次の天皇賞に比重をかけているはず。

マカヒキは適距離のここだろう。サトノクラウンやミッキーロケットはまず大阪杯の走り次第。

内回りでも先行馬が揃ってペースがどうなるか。V候補は3~4頭。予断は許さない。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

上田琢己

UEDA TAKUMI

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line