協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. ラップナビゲーター
  4. 【AJCC】伏兵台頭を望むよりも実績馬狙いが吉
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

ラップナビゲーター

2019年01月16日(水)更新

【AJCC】伏兵台頭を望むよりも実績馬狙いが吉

 中山の京成杯はラストドラフトがレース史上初となるデビュー2戦目でのV。そのVタイムは前年とピタリ一致の10ハロン2分01秒1。レコード決着の葉牡丹賞でワンツーを決めたシークレットラン(4着)、ランフォザローゼス(2着)をねじ伏せてのタイトル奪取は評価できるものの、前日の古馬オープン・ニューイヤーSでマイル1分32秒4の高速時計が飛び出す馬場レベルならもっと時計を詰めてほしかった、が本音。勝ちっぷりの良さだけでクラシック候補誕生とぶち上げるのはいささか早計に過ぎるかもしれない。


 一方の京都は開幕週に引き続き低速決着のオンパレード。日経新春杯を制したハイレベル4歳世代のグローリーヴェイズもVタイム12ハロン2分26秒2、自身上がり3ハロン36秒8では高い評価を与えづらい。こちらも次走で真価が問われることになるだろう。


 今週のターゲットはアメリカJCC。少頭数ゆえの低速決着が大方の見方でも、気になるのはやはり現在の中山の馬場レベル。開幕週の中山金杯のVタイム1分59秒2に12秒5加算で11ハロン2分11秒7。ペースひとつで前年のVタイム(2分13秒3)を軽く上回れる下地があるとなれば、伏兵台頭を望むよりも地力に勝る実績馬狙いが吉とでそうだ。


 人気の中心はもちろん菊花賞馬フィエールマン。わずか4戦でGⅠ馬へと上り詰めた天才ランナーだけに、ここも大きく崩れることは考えにくい。逆転に虎視眈々は同世代のジェネラーレウーノ。自身上がり3ハロンの大半が35秒超の鈍足ぶりはいかにも中山でこそのキャラ。5ハロン通過後に12秒0→11秒5→11秒2→11秒6と早めのペースアップで後続を封じたセントライト記念のラップを再現できれば、菊花賞からのガラリ一変があっても不思議はない。


明石尚典

AKASHI TAKANORI

関西学院大学法学部卒。大阪スポーツの若き俊英記者として知られる。ラップ理論の先駆者でもある上田琢巳記者を師と仰ぎ、同氏からの信頼も厚い。東スポ・大スポ週末版で「ラップナビゲーター」を大好評連載中。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line